現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン マーティン、日本のスーパーGTに再び 新型ヴァンテージGT3で参戦

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.15

アストン マーティン、日本のスーパーGTに再び 新型ヴァンテージGT3で参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dステーション・レーシングAMR始動

アストン マーティンが、D’station Racing(Dステーション・レーシング)と新たなオフィシャルパートナーシップ契約を締結し、Dステーション・レーシングAMRとして日本のスーパーGTに参戦する。これによって、2019年に、英国のラグジュアリー・スポーツカー・メーカーであるアストン マーティンが、日本のスーパーGTに本格的に復帰し、フル参戦することになった。

    アストン マーティン、東京オートサロンに初出展 当日の模様は? エンジニア登壇

アストン マーティン・レーシングによる最高レベルのサポートが行われる今回の合意によって、Dステーション・レーシングAMRチームは、新型アストン マーティン・ヴァンテージGT3を使用し、スーパーGT300クラスに1台体制で参戦する。

ゼッケン#7のヴァンテージGT3のステアリングを握るのは、日本のGTレースで10年以上の経験を持つ藤井誠暢とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ブラジル)。8月4日に富士スピードウェイで開催される第5戦の富士500マイル耐久レースでは、ル・マン24時間レースで3回のクラス優勝を果たしているワークス・ドライバーのダレン・ターナー(英国)が第3ドライバーとして加わるという。

Dステーション・レーシングは、富士スピードウェイの近くに拠点を置き、スーパーGTで優れた実績を誇るKTRがメンテナンスを担当。日本のスーパーGT参戦3年目を迎えるDステーション・レーシングは、アストン マーティンと提携することでカテゴリー初勝利を挙げ、GT300クラスのタイトル獲得を目指す。日本のスーパーGTに2012年以来の参戦を果たすアストン マーティン・ヴァンテージGT3は、アストン マーティンのサブ・ブランド、AMRパフォーマンスのイメージカラーであるダーク・グリーンのカラーリングを纏い、タイヤは、ヨコハマタイヤが供給する。

「AMRパフォーマンス・ブランドが成長」

Dステーション・レーシングのチーム・オーナーである星野敏は、次のように述べている。「アストン マーティンとともに日本のスーパーGTに参戦できることを非常に誇りに思います。わたし達は、ヴァンテージGT3がチームに大きな成功をもたらすと信じています。新型ヴァンテージのレーシング・ストーリーに、その初期の段階からかかわることができて、大変嬉しく思っています」

アストン マーティン・レーシング社長のデイビッド・キングは、「新型ヴァンテージGT3で国際的にレースを戦うパートナー・チームの重要なメンバーとして、Dステーション・レーシングをアストン マーティンに暖かく迎え入れたいと思います。アストン マーティンが、日本のスーパーGTのような一流かつ重要なレースに再び参戦することができて大変光栄です。今回の参戦は、世界中でモータースポーツおよびカスタマー・レーシングの活動を拡大している弊社の取り組みを明確に示すものです。また、このパートナーシップは、アストン マーティン・ロードカーとサービスにおいて、AMRパフォーマンス・ブランドが成長を遂げているというメッセージの発信を促進するものでもあります。わたし達は、日本を非常に重要な市場であると考えています」と締め括った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します