現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > GMとアマゾン、EV新興企業リヴィアンに出資検討 評価額1000億円以上に

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.15

GMとアマゾン、EV新興企業リヴィアンに出資検討 評価額1000億円以上に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー アマゾンとGMが目をつけた企業
ー リヴィアン、どんなクルマを生産?
ー リヴィアンが他と異なる部分

    リヴィアンの2モデル すべての画像をみる

アマゾンとGMが目をつけた企業

米国の電気自動車スタートアップ、リヴィアンはロサンゼルス・モーターショーでデビューし、ひとびとの興味を大いに惹き付けた。報道によれば、同社にゼネラルモーターズとアマゾンが出資する準備をしているという。

ロイターやブルームバーグに関係者が語ったところによると、これら2つの国際的大企業は共同出資に向けて協議中だという。リヴィアンの評価額は10億ドルから20億ドルの間(約1100億~2200億円)とされている。

契約は交渉の成否に掛かっているものの、GMとアマゾンはリヴィアンの少数株主に留まる見込みだ。このEVブランドは世界で初めて電動ピックアップを市場に送り出すことを目指している。公の場で発表を行ったのは昨年になってからだが、電動プラットフォームの開発と製作は2009年から続けていた。

リヴィアンはSUVのR1SとピックアップのR1で4輪駆動車市場に旋風を巻き起こそうとしている。

リヴィアンはこれまでテスラが行ってきたように、既存の自動車業界を揺さぶり衝撃を与えようとしている。走行場所を選ばない電気自動車を作ることで、市場を開拓できると信じているのだ。

リヴィアン、どんなクルマを生産?

ピックアップのR1Tと7人乗りSUVのR1Sは、実際に計画されている第1弾と第2弾のモデルになる。その「スケードボード型」シャシーと電動モジュールは、様々なタイプやサイズの電気自動車を作り出すことが可能だ。

R1TとR1Sは設計の大部分を共有しており、主な違いはホイールベースくらいだ。R1Sの方が少し短い。R1Sの全長は5040mmと、レンジローバーと同等サイズ。R1Tは5465mmで、こちらはメルセデス・ベンツXクラスよりわずかに長い。

両車ともリチウムイオン・バッテリーを床下に搭載する。R1Tの航続距離は標準の105kWhのバッテリーで約370km、135kWhのバッテリーでは約480km、そして180kWhの「メガパック」なら最大約640km。R1Sにも同じバッテリーが用意されるが、こちらはそれぞれ約390km、約500km、約680kmとなる。

2台のモデルはドライブトレインも共有する。4基の電気モーターがそれぞれ1つの車輪を駆動する4輪駆動だ。各モーターが200psを発生し、ギアボックスとの組み合わせでシステム合計最高出力は764ps、最大トルクは114.2kg-m(135kWhの場合)。これによってパフォーマンスは素晴らしく、0-60mph(約96.6km/h)加速はわずか3秒、0-100mph(約161km/h)まで7秒以下で加速するという(これも135kWhの場合)。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンク。これにエア・スプリングとアダプティブ・ダンパーが組み合わされる。

リヴィアンによれば、電動ドライブトレインとシャシーのセットアップは、オンロードにおける乗り心地、正確なハンドリング、オフロードにおけるコントロール性の全てが、既存のどんなメカニカルなシステムよりも優れているという。

フラットなフロアはカーボンファイバーとケブラーで補強され、バッテリーを保護する。両モデルとも米国の衝突安全試験で5つ星を獲得している。

エクステリアは両モデルとも共通の個性的なフロント・エンドのデザインが特徴的。広々としたインテリアには高級感のある、しかし耐久性に優れ汚れが落ちやすい素材が使われているため、オフロードのライフスタイルにも最適だ。ダッシュボードに搭載された2つのスクリーンは自社開発のソフトウェアとグラフィックで機能する。

この2台には斬新な隠れた機能や気の利いた装備も備わっている。フロントノーズの下には容量330ℓの荷室が用意されている。ピックアップは後部座席用ドアと後輪の間に物入れがあり、ゴルフバッグも収容可能だ。

リヴィアンが他と異なる部分

2009年に創立されたリヴィンは、経営計画や資金調達に関して他のスタートアップとは異なるやり方を目指している。公に発表する前に周到に準備を整え、目標は依然として保守的だ。

同社創立者でCEOのRJスカリンジは既にR1Tの試作車を2台製作しており、3台目としてようやく完成したのが、LAで公開された生産準備が整ったバージョンだ。

米国に本拠を置くリヴィアンは中東の出資者から支援を受け、世界中で560人の社員が働いている。デザインとエンジニアリング・センターはミシガン州プリマスにあり、バッテリー開発工場を含むその他の主な施設はカリフォルニア州アーバインにある。英国サリー州チャートシーにもアドバンスト・エンジニアリング・センターを開設した。

車両の製造は、昨年リヴィアンが約18億円で買収したイリノイ州にある旧三菱の工場で行うことになっている。この工場では年間35万台の生産が可能だ。

リヴィアンの野心は当初から下方修正され、2025~2026年までに5~6万台の高級電動オフローダーを販売する計画だ。さらに同社では、スケートボード型電動シャシーを、他の自動車メーカーや電気自動車を販売しようとしているブランドに供給することも計画している。ただし、リヴィアン自身の製品と競合しないことが条件だ。

R1Tは2020年後半、R1Sは2021年初頭に生産開始となる予定だ。R1Tの価格は約770万円から。約1年遅れて英国向けに右ハンドルモデルの生産も始まる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します