現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMG GT Rプロ、限定20台で予約受注開始 レーシングテクノロジーを投入

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.14

メルセデスAMG GT Rプロ、限定20台で予約受注開始 レーシングテクノロジーを投入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG『GT』の最上級モデル「GT Rプロ」を発表、20台限定で、2月14日より予約受注を開始した。

メルセデスAMG GT Rプロは、メルセデスAMG GT Rベースのレーシングカー「AMG GT3」および「AMG GT4」で培った技術を多数投入。サスペンション、軽量構造、エアロダイナミクス、エクステリアなどに手を加えることで、ドライビングダイナミクスを極限まで高めている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

新設計のAMGコイルオーバーサスペンションは、サーキットに応じたセットアップが可能。プリロードによるスプリング長の機械的調整に加え、縮み側および伸び側のダンパー特性もダンパー上の調整ダイヤルで設定できる。圧縮率は、速い動きと遅い動きで別々に調整することで、ボディのダイブやロールだけでなくトラクションに対しても、これまでよりいっそう細かく調整が可能となった。フロントサスペンションは、軽量なカーボンファイバー製の調整式トーションバーを、リアサスペンションはスチール製の調整式を採用。中空管構造により軽量化を図っている。

また、耐摩耗性に優れるピロボールジョイントを、リアアクスルのロアウィッシュボーンに加え、アッパーウィッシュボーンにも採用。設計上まったく遊びがないことから、大きな荷重を受けてもトーインとキャンバーが変化せず、よりドライバーの意思に忠実に走行が可能となった。リアエンドのアンダーボディには、軽量かつ高剛性のカーボンファイバー製パネルを設置。ボディシェルの安定性を強化することで、優れたハンドリング精度を実現している。

メルセデスAMG GT Rプロでは、多くのカーボンファイバー製コンポーネントにより軽量化を追求し、専用ブラックペイント仕上げのブレーキキャリパーを備えるAMGカーボンセラミックブレーキ、カーボンファイバーバケットシートを採用。軽量なAMGパフォーマンス5ツインスポークアルミホイール(鍛造)は専用チタニウムグレーペイント仕上げのリムフランジがハイシーン仕上げとなっている。

エアロダイナミクスでは、デザインを変更したフロントエプロンの側面にカーボンファイバー製のフリックを2枚設置したほか、大型フロントスプリッターは、前方にさらに延長。リアでは、両側のホイールアーチに設けたクリアコートカーボンファイバー製エアロパーツがほぼリアコンビネーションランプの高さまで垂直に立ち上がる。これらの相乗効果により、フロントアクスルに働く揚力を大きく低減している。

価格は2900万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します