現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMG GT 新型、受注開始 1645万円より[訂正]

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.14

メルセデスAMG GT 新型、受注開始 1645万円より[訂正]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は、新型メルセデスAMG『GT』を発表、2月14日より予約受注を開始した。納車は2019年8月以降の予定。

メルセデスAMG GTは、AMGのレーシングスピリットと技術を備えたスパルタンなスポーツカー。ラインアップは、クーペ4モデル、ロードスター3モデルの計7モデル。グレードは「GT」「GT S 」「GT C」、クーペには585ps仕様のトップグレード「GT R」を用意する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

パワーユニットは、AMG 4.0リットルV8直噴ツインターボエンジン「M178」を搭載。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現している。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLID摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減。2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの内側に配置する「ホットインサイドV」とし、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路の最適化とツインスクロールとすることで、低回転域から優れたレスポンスを発揮する。また、ドライサンプ潤滑システムの採用によりオイルパンをエンジン底部から排し、エンジン搭載位置を55mm低くすることで、低重心化を実現している。

各グレードのスペックは、GTが最高出力476ps、最大トルク630Nm、0-100km/h加速4.0秒、最高速度304km/h(ロードスターは302km/h)、GT Sは522ps、670Nm、3.8秒、310km/h(308km/h)、GT Cは557ps、680Nm、3.7秒、317km/h(316km/h)、GT Rは585ps、700Nm、3.6秒、318km/h(308km/h)。

新型メルセデスAMG GTは、ドライブプログラムの新機能「AMG DYNAMICS」を装備。センターコンソールのAMG DYNAMIC SELECTで様々な状況に最適な制御を選択できる。各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更できる他、各モードに自動選択される「ベーシック」、「アドバンスト」、「プロ」、「マスター」の4モードがあり、ESPなどの制御を変化させる。また、ドライブモードとは独立して、マニュアルシフトへの切り替えや、車高およびエグゾーストサウンドの調整などをセンターコンソールの液晶表示ボタンで操作できる。

エクステリアでは、AMG GT 4ドアクーペと同じデザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。アロー形状のポジショニングライト&ウインカーに3つのリフレクターのハイ&ロービーム全てにLEDを使用することで、明るくクリアな視界を確保する。リアのデザインも刷新し、GT/GT S/GT C専用デザインのブラックディフューザーを装着する。同時にエグゾーストエンドは2つの円形のデュアルツインエグゾーストエンドを採用。GT SとGT Cはスクエア型のデュアルツインエグゾーストエンドを、GT Rは、センターバーを備えた大型エグゾーストエンドをリアの中央に配置する。

インテリアでは、高精細12.3インチコックピットディスプレイと10.25インチマルチファンクションディスプレイをセンターコンソールに標準装備する。コックピットディスプレイは、「クラシック」「スポーティ」「スーパースポーツ」の3種類の中から好みのデザインを設定可能。新設計のマルチファンクションディスプレイは、運転支援システム、車両情報等をアニメーションで表示し、車両の機能を直感的に認識できる。

センターコンソールには、V8エンジンをモチーフにしたデザインを採用し、各種スイッチやカラーディスプレイボタンを機能的に配置。トランスミッション、シャーシ、ESP、エグゾーストシステム、リトラクタブルリアスポイラー、スタートストップ機能の表示とステアリングを統合している。ステアリングホイールは最新デザインを採用。手を離さずに走行モードを変更できる「AMGドライブコントロールスイッチ」を装備する。

安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」も進化。「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は、高速道路などの走行時に先行車を認識して、速度に応じて車間距離を調節。減速が必要な場合、アクセルおよびブレーキを自動調整してスムーズに減速し、先行車が停止した場合は自車も停止する。「トラフィックサインアシスト」は、走行中にカメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示。制限速度を超えた際には警告音を出してドライバーに注意を促す。「ブラインドスポットアシスト」は、リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアに車両や自転車がいることを警告。そのほか、テレマティクスサービス「Mercedes me connect」も装備し、安全・快適なドライブを支援する。

価格はGTが1645万円、GT Sが1993万円、GT Cが2202万円、GT Rが2382万円。ロードスターはGTが1788万円、GT Sが2137万円、GT Cが2309万円。

<訂正> 新型メルセデスAMG GTは「マルチビームLEDヘッドライト」を装備するとしていましたが、正しくは「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」となります。訂正し、お詫び申し上げます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します