現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗】VWポロに新世代1.5Lターボ搭載! TSI R-LineはGTIに迫る気持ちよさ

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.14

【試乗】VWポロに新世代1.5Lターボ搭載! TSI R-LineはGTIに迫る気持ちよさ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクステリアは現行ポロ初となるR-Line仕様

 2018年にフルモデルチェンジとなったポロに、フォルクスワーゲンの新世代エンジン、1.5LターボのTSI Evoを初搭載したR-Lineが加わった。

    【試乗】ボディも室内も拡大の「6代目VWポロ」またも走りは洗練された

 現行型の6代目ポロは、ポロとしてMQBモジュールを採用した初のモデル。ゴルフ7のようなシャープなラインで構成されるボディは全長4060×全幅1750×全高1450mm。ホイールベース2550mmという、4代目ゴルフに匹敵するサイズを持つ。MQBの採用以降、インフォメーションなどの表記が英語から日本語になったのもうれしいニュース。

 さて、新型ポロR-Lineはいったいどんなキャラクターのポロなのか? 答えは標準型ポロ ハイラインとGTIの中間に位置する、かつての「GT」、「ブルーGT」に相当するエコでもあるスポーティグレードと言っていい。エクステリアは日本仕様のポロとして初めてのR-Lineパッケージを装着。エアロパーツのほか、専用17インチホイール、ツインエキゾーストなどでドレスアップされる。

 機能面はGTIに準じたもので、パドルシフト、ドライビングプロファイル機能(ノーマル/スポーツ/エコ/カスタム)、ダンパーの特性を変えられるスポーツセレクトシャシー付きスポーツパフォーマンスキット(電子制御スポーツサス)、電子制御式ディファンシャルロックXDSなどが装備されるのだからスポーツ度満点。

 7速DSGと組み合わされる気筒休止付き4気筒エンジンはパサートと同じ150馬力、25.5kg-mというスペック(標準型ポロは3気筒1L、95馬力)。2Lターボ、200馬力のGTIほどの高性能ではないものの、タイトでスポーティな乗り心地と、図太いトルクによる標準車とは別次元の加速性能を実感できる。

 これまでゴルフ、パサート、トゥーランなどに積まれてきたベースエンジンは1.4Lターボ。このTSI Evoはこれから順次フォルクスワーゲンの新型車に搭載される次世代ダウンサイズ1.5Lユニットであり、150馬力と25.5kg-mのスペックを誇る。その数値はパサートと同じであり、そのパフォーマンスをポロに搭載したのだから、速くて当然だ。ちなみに燃費性能は1L 3気筒ターボを積む標準車の19.1km/Lに対して17.8km/Lとなる。

 GTIほどではないがワインディングで気持ちいい走りを披露

 ポロR-Lineの走りは、さすがにGTIほどのスポーツ度は望めないものの、タイトでスポーティな乗り心地と25.5kg-mものトルク、標準車とは別次元の加速性能を実感できるものだった。正直言って、乗り心地は路面を問わず硬すぎる……という印象だが、聞けば1万kmぐらい走るとなじむとのこと。とはいえ、最初から乗り心地のいいスポーツモデルも世の中にはあるんですけどね。

 もっとも感動したのは、つづら折りの道でステアリングを右へ左へと切るシーン。とにかくステアリングは正確かつスムースで、フォルクスワーゲン一流の絶大なる安定感を基本に、ヒラリヒラリとしたフットワークが得られ、操縦性は痛快で気持ち良さ満点。比較的ゆったりとした標準車とは別物のスポーティな世界観がある。しかも、標準車にはないパドルシフトによって、スピードコントロールも自在。街乗りや高速走行でも下手にブレーキを踏むよりスムースな運転(とくに同乗者にとって)ができる点にも注目だ。

 試乗時の実燃費はともかくとして、東京から箱根方面へ高速中心でクルーズしたときの実燃費18.4km/L(!)というデータもあるほどで、気筒休止付きのTSI Evoの実力はなかなかということだ。感覚的には高速走行で燃費が伸びるエンジンのようだ。

 では、このポロR-Line、どんなユーザーにお薦めできるのか? 価格は298万円。ハイラインに対して30万1000円高となる。装備差はあれど、格上のゴルフ コンフォートラインの279.9万円より高い設定だ。ポイントはゴルフよりコンパクトな扱いやすいサイズと、走りの機能、装備に特化したスタイリッシュなポロというキャラクター。

 普段は奥さまが足に使い、休日は運転好きなご主人が走りを楽しむ、そんな使い方に向いている。さすがにGTIにしよう……とは言い出せなくても、R-Lineなら承諾も得やすかったりして。標準型ポロにあとからホイールや大径タイヤ、エアロパーツを付ける前提なら、むしろお買い得。かつフォルクスワーゲンの新世代エンジンをひと足早く堪能できるのも、このポロ R-Lineなのである。付け加えれば、乗り心地に関しては、試乗して好みに合うか、確認することを推奨。固い乗り心地が苦手なら、快適度で勝るハイラインを薦める。 (2月13日12:30 一部記事を加筆修正しました)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 青山尚暉)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します