現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > イスパノ・スイザ、新型電動グランドツアラー「カルメン」を予告 ジュネーブショー

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.13

イスパノ・スイザ、新型電動グランドツアラー「カルメン」を予告 ジュネーブショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインの伝説ブランド 電動車を開発

歴史的な自動車メーカーのイスパノ・スイザは「カルメン」と名付けられた電動グランドツアラーを2019年のジュネーブ・モーターショーで発表する。そのカーボンファイバー製モノコックの画像が公開された。

    コンパニオン大特集(5) 大阪オートメッセ2019 画像77枚

イスパノ・スイザは、戦間期(1910~30年代)に高級車の製造で有名だったが、2010年にアウディR8ベースのV10クーペ(写真白)を公開して以来、新しいクルマは発表していない。それ以前には2000年に2人乗りスーパーカーのHS21、2001年にK8、2002年にHS21-GTSという3台のコンセプトカーを発表してきた。

カルメンという車名は、イスパノ・スイザ創設者の1人であるダミア・マテウの孫娘カルメン・マテウに因んで付けられたもの。同社によれば、このクルマは「手作業で積層した非常に強固な」カーボンファイバー製モノコックで構成されるという。

カルメンのデザインは、先に公開されたスケッチから窺い知ることができる。それは完全に電気駆動で、イスパノ・スイザが1904年に設立されたスペイン・バルセロナで製造される。

スケッチ画像から判別できるデザインのディテールは、同社が戦間期に製造していた流線型のモデルへの美的回帰を感じさせる。同社によれば、1938年に作られたH6デュボネ・ゼニアから着想を得たという。

小規模EVメーカーの時代へ

イスパノ・スイザによる今回の発表は、NIO EP9やデンドロビウムD1など、他の小規模な会社から公開された電動スーパーカーに続くものだ。

また、イスパノ・スイザはカルメンの製造が、電動パフォーマンスカーの専門家でマヒンドラ・フォーミュラEチームにも携わっているQEVテクノロジーズによって行われることを認めている。

そのブランド名に関連した伝統について、同社創立者の曾孫ミゲル・スケ・マテウは次のように語っている。

「イスパノ・スイザが設立された当時、1台の電気自動車が製造されましたが、そのプロトタイプは市販化には至りませんでした。それから119年後の今、2019年3月にイスパノ・スイザは初の100%電気自動車を発表します」

このプロジェクトは、主にレジャー開発や文化事業を手掛けるスペインの複合企業グループ・ペララーダから支援を受けている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します