現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型アルピナB7発表 4WD xドライブに一本化 最高速330km/h/608ps

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.13

新型アルピナB7発表 4WD xドライブに一本化 最高速330km/h/608ps

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー フェラーリ488GTBと同等の加速
ー ブレーキや排気、サスはどう違う

    『新型アルピナB7』すべての画像をみる

フェラーリ488GTBと同等の加速

BMWがフェイスリフトを施した7シリーズを発表したのは数週間前のことだが、早くもアルピナはそれをベースにパフォーマンスを引き上げたB7の情報を初公開した。発売は今年夏の初め頃になる予定だ。

エンジンは従来モデルから引き続き、評判が高い4.4ℓV8ガソリン・ツインターボを使うが、その最高出力は608ps、最大トルクは81.6kg-mに高められている。

これによって0-100km/h加速は3.6秒、最高速度は322km/hをさらに5km/h超えて330km/hに達する。これはフェラーリ488GTBと同等だ。

ルックスは最近の欧州車の傾向に合わせてわずかに変わり、さらに今回から4輪駆動のxドライブのみとなった。同時にエンジン・マネージメントにもアップグレードが施され、最大トルクの発生回転数が1000rpm低くなっている。

他の機械的な改良は、大容量インタークーラーの搭載によって吸気温の安定性が高まり、8速オートマティック・ギアボックスはシフトが従来型のB7より「かなり速く」なったという。

ブレーキや排気、サスはどう違う

ステンレス製アルピナ・エグゾースト・システムは背圧と重量の両方を軽減するといわれている。アクティブ・サウンド・システムを使えばモードによって排気音のボリュームを変えることができる。ブレーキング・バイ・ワイヤー技術によってブレーキも改良された。

B7 xドライブには、改良されたエアサスペンション・システムとアクティブ・ロール・スタビライゼーション、リア・アクスル・ステアリング、そして路面の先を予測して自動的にシャシーを制御するアクティブ・コンフォート・ドライブが全車標準装備となる。これはドライビング・スタイルを解析して蓄積されたデータや、ナビゲーション、フロントに搭載されたカメラを使い、著しく乗り心地を改善するという。

スタイリングは予想通り、アップデートされた7シリーズの巨大化したグリルをB7も受け継ぎ、さらに恒例のアルピナ流スタイリングが施される。インテリアのテクノロジーもアップデートされた。

米国での価格は14万1700ドル(1570万円)と発表されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します