現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 英国試乗 アウディTT ロードスター リラックスできるオープンカー

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.13

英国試乗 アウディTT ロードスター リラックスできるオープンカー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー 外観はほぼ変更なし エンジンは3種類

    『アウディTTロードスター』すべての画像をみる

どんな感じ?
ー ドライバー中心のコクピット
ー なかなかのエンジン音

「買い」か?
ー 走りの魅力は薄いが、リラックスできる

スペック
ー アウディTT ロードスター45 TFSI Sライン・クワトロのスペック

どんなクルマ?

外観はほぼ変更なし エンジンは3種類

従来から人気だったスポーツクーペのソフトトップバージョンがこのTT ロードスターだ。2019年のマイナーチェンジではわずかなデザイン変更といくつかの装備のアップグレード、エンジンラインナップの大幅な簡略化が行われた。

ディーゼルはラインナップから消滅し、従来の1.8ℓガソリンエンジンも新しい2.0ℓ4気筒へと置き換わった。チューニングは3種類で、195psの40 TFSIと今回試乗した245psの45 TFSI、305psのTTSとなっている。

マニュアルも用意されるが、前輪駆動との組み合わせに限られる。試乗車は四輪駆動のクアトロシステムと新しい7速デュアルクラッチが組み合わされていた。サスペンションは依然と同様で、前マクファーソンストラット、後フォーリンクだ。

クーペモデルとの決定的な違いは、電動ルーフとリアシートの有無で、そのほかの変更点はクーペと同様だ。蜂の巣のような形状のフロントグリルや大型のエアインテークが採用され、シャープなフロントデザインになっている。Sラインにはフロントリップスポイラーや新デザインのディフューザーが標準で備わる。

ロードスターは1455kgと、クーペモデルよりも90kgも重い。そのため、0-100km/h加速はクーペの5.2秒から5.5秒へと若干控えめになっている。しかしこの重量増も、ボタンひとつでいつでもオープンにできることの代償と思えば安いものだ。

どんな感じ?

ドライバー中心のコクピット

キャビンのデザインは通常のアウディと共通しており、エアコンはエアベントと統合されている。また、試乗したSラインではスポーツシートに変更されている。

アウディのバーチャルコクピットは相変わらず魅力のひとつで、ドライバー中心のコクピットという印象が少々強くなっている。フルデジタルの計器類はこれまで同様カスタマイズ可能で、大型のダイヤルとステアリング上のボタン類もすぐに使いこなせるようになる。

アンドロイド・オートやアップル・カープレイも快適に使用できる。オプションのテクノロジーパックにはナビゲーションシステムやオンラインサービスのアウディ・コネクト、スマートフォンのワイヤレス充電器が含まれ、選択する価値は十分ある。

トランクスペースはクーペモデルには及ばないものの、Z4やSLCよりも広い。ルーフの状態は容量には関係しないのもライバルと異なる点だ。

オープン化に際してボディが強化され、コーナーでも緩さは感じない。これに素晴らしいグリップ力が組み合わさることで、驚くようなスピードでコーナーを駆け抜ける俊敏なスポーツカーに仕上がっている。非常に軽いが精密さを感じさせるステアリングも俊敏さを感じさせる理由のひとつだ。

なかなかのエンジン音

車速に応じてステアリングのギア比が変わるプログレッシブステアリングは、狭い駐車スペースにクルマを停めるときなど、日常生活で便利な機能だ。しかし、このような機能は後輪駆動車なら当然のことで、多くの読者にとって関心は薄いだろう。

一方で、4気筒ターボは鋭く回転し、加速力を楽しむことができるが、今日ではこれよりも速いホットハッチなどいくらでもある。回転数を問わずレスポンスは良く、ラグもほとんどない。フラット6ほど良い音を奏でるわけではないが、ルーフを畳めば存在感のあるエンジン音を楽しむことができる。

改良された7速ギアボックスは従来の6速のものよりもレスポンスが良くなった。特にマニュアルモードが好感触だったが、オートマティックモードでもギクシャクするような場面は皆無だった。さらに、パドルが若干大きくなったことでシフトが容易になった。

ルーフを閉じてウインドウを上げると、風切り音は気にならなくなる。10秒で開閉することができ、50km/hまでならいつでも操作が可能だ。 吸音素材が使用されているため、街の喧噪の中を走っても快適だ。ロードノイズは高速道路を走るとやや気になる。

「買い」か?

走りの魅力は薄いが、リラックスできる

TTの唯一無二なデザインに惹かれ、走りの点で最も魅力的なコンバーチブルでないことが気にならないなら、間違いなく買いだろう。

TT ロードスターは充実した装備と頼りになるパワーを持ちながら、主要なライバルよりも安くで手に入る。BMW Z4は動力性能に優れ、後輪駆動の走りを楽しむことができるが、数千ポンド(数十万円)は高い。ポルシェ718 ボクスターを買うなら、さらに1万ポンド(141万円)が必要だ。

十分なパワーを持ちながら、リラックスして意のままに操ることができるクルマがお望みなら、TT ロードスターは合理的な選択だ。

アウディTT ロードスター45 TFSI Sライン・クワトロのスペック

■価格 4万355ポンド(571万円)
■全長×全幅×全高 ー
■最高速度 249km/h
■0-100km/h加速 5.5秒
■燃費 14.3-14.6km/ℓ
■CO2排出量 164g/km
■乾燥重量 1455kg
■パワートレイン 直列4気筒1984ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 245ps/5400rpm
■最大トルク 32.8kg-m/1600-4300rpm
■ギアボックス 7速DCT

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します