現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボ S60 新型、今秋日本導入予定!…米国仕様をスニークプレビュー

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.12

ボルボ S60 新型、今秋日本導入予定!…米国仕様をスニークプレビュー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボカーズは6月20日にボルボを代表するミッドサイズセダン『S60』の新型を欧州で発表。その日本導入時期は、今秋が予定されている。

新型は既に米国サウスカロライナ州チャールストンに完成したボルボカーズ初の米国工場で量産されており、基本設計は昨年日本導入を果たした新型V60と共通の『SPA』(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)だ。また、ボルボ車として初めてディーゼルエンジンを設定しないモデルとしても注目されている。これは、2019年以降に発売するすべての新型車を電動化するという、ボルボが掲げる戦略を強く感じさせる決定だ。

    来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた

そんな新型S60の「ポールスターエンジニアード」米国仕様が12日、プレス向けにボルボ・カー世田谷(東京都世田谷区)で展示されたので、わかる範囲をお届けしたい。プレゼンテーションなし、既報以外の資料なしというスニークプレビュー、ちょい見せだ。

今回公開されたのは、ボルボS60の中でもトップグレードである「T8」グレード。PHV(プラグインハイブリッド)をベースに、ボルボのハイパフォーマンスブランド「ポールスター」が足回りやエンジンをチューンしたモデルだ。オーリンズ製アジャスタブルダンパーやブレンボ製モノブロックキャリパーなど、走りを楽しむ上での必要装備はもちろんのこと、ボンネットを開けるとフロントサスペンション上部に、アルミ製のストラットタワーバーが標準装備という豪華仕様となっている。

現在、この新型S60の日本導入時期については、今秋予定との公式アナウンスがあるのみで、正確な時期は未定。第4四半期にあたる9~12月あたりと予想されている。価格も同じく未定とのことだが、日本の交通法規に適合させた、右ハンドル・日本仕様の新型は、どのような姿で登場するのか。完成度の高い米国仕様を目の前に、期待せずにはいられない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 先川知香)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • azu*****|2019/02/12 21:06

    違反報告

    VもいいけどSもいいなぁ
  • zoo*****|2019/02/12 21:12

    違反報告

    きっとスタイリングは極めてクールでスタイリッシュなスポーツセダンになるでしょうね。
    アクの強いデザインのセダンが多い中、限りなく美しく安全なセダンとして人気が出るでしょう。
  • nek*****|2019/02/18 03:48

    違反報告

    前期型V60に20万キロ乗っていますが故障もなく、ボディもサスペンションもビシッとしていて頑丈で安心して乗れます。
    ボルボはシートが良くて長距離が疲れにくい、このS60のシートは更に良さそうです。
    魅力的なモデルチェンジですが、今のにも先進安全装備が充実してますし、まだまだ頑張ってもらいます。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します