現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 改良新型トヨタ・セコイアTRDプロ(2020年型) シカゴ・ショー

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.7

改良新型トヨタ・セコイアTRDプロ(2020年型) シカゴ・ショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北米向け大型SUV、セコイア

トヨタ・セコイアTRDプロ(2020年型)が、シカゴ・オートショーで公開される。

    『改良新型トヨタ・セコイアTRDプロ』すべての画像をみる

トヨタ・レーシング・ディベロップメント(TRD)がチューンしたFox製ショックアブソーバー、オフロード装備を備えたフルサイズSUVである。

頑強なボディ・オン・フレーム構造、四輪独立サスペンション、広いグランドクリアランス、そしてパワフルなV8。これに加え、大型SUVのマーケットでも1位を争う実用性を備えたモデルである。

セコイアTRDプロは、LEDヘッドライト、LEDフォグライト、BBS製鍛造ブラックホイール、P275/65R18サイズのタイヤで武装。さらに外装色として、アーミーグリーン、スーパーホワイト、ミッドナイト・ブラックメタリック、マグネティックグレーメタリックを用意。いずれのカラーを選んでも、前ドアには「TRD Pro」のブラックエンブレムを配し、特別なモデルであることを主張している。

5.7ℓ V8、386psを発揮

スキッドプレートにより前サスペンションやオイルパンを保護。一本出しのエグゾーストはブラッククロームで飾られ、大きな排気音を発する。しかし、最新のサウンド・キャンセレーション・デバイスにより室内の静粛性は保つという。

7人のための内装は、シートが、ブラックTRDプロレザー・トリムと赤いステッチで仕立てられている。ヘッドレストには「TRD PRO」の刺繍が施される。

パワートレインは、5.7ℓ iフォースV8に6速オートマティックを組み合わせた。最高出力は386ps、最大トルクは55.4kg-m。驚くことに90%のトルクを2200rpmで発生することができる。

走行性能については、マルチモード4WDシステム、ロッカブル・トルセン・リミテッド・センターデフ、アルミ製の本体にインターナル・バイパスを装備したFox製ショックアブソーバーにより、荒野を力強く突き進んでいくパフォーマンスを有するという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します