現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レンジローバー・ヴェラールに「SVオートバイオグラフィー」 スポーツSVRとの違いは

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.6

レンジローバー・ヴェラールに「SVオートバイオグラフィー」 スポーツSVRとの違いは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ヴェラール上級モデル、SVR名乗らず
ー ハンドリング重視の仕立てに
ー 内外装、標準車との識別ポイント

    『ヴェラールに「SVオートバイオグラフィー」』すべての画像をみる

ヴェラール上級モデル、SVR名乗らず

550ps/69.4kg-mを発揮する5.0ℓV8スーパーチャージャー・ユニットを搭載するレンジローバー・ヴェラールが英国で登場した。

おなじパワーを発揮するレンジローバー・スポーツは「SVR」を名乗るいっぽうで、ヴェラールは「SVオートバイオグラフィー・ダイナミック」のバッジが奢られる。フルサイズSUVのレンジローバーとおなじ文法だ。

英国ではオーダー受付を開始しており、価格は8万6120ポンド(1227万円)。0-97km/h加速タイムは4.3秒で最高速度は274km/h。

このクルマを説明するにあたり、ランドローバーは「レンジローバーの伝統的な心地よさと洗練」という言葉をもちいる。レンジローバー・スポーツSVRがスリルを強調するのと異なる手法だといえるだろう。

ハンドリング重視の仕立てに

ブレーキのディスク径は、前:395mm、後ろ:396mm。キャリパーは赤くペイントされ、サスペンションは硬いセッティングとなる。アンチロールバー/可変ダンピングなどもハンドリング重視の仕立てとなる。

ステアリング/4WDシステム、8速トランスミッション、アクティブ・リア・ディファレンシャルなど、あわせて6400もの工数を経て製品化にこぎつけたという。

内外装、標準車との識別ポイント

外観は、4本出しのテールパイプ(7.1kgの軽量化)、グリル、バンパー、21あるいは22インチの軽量ホイール、エンブレム、ボディカラー(ルーフはブラック)が標準車との識別ポイントとなる。

インテリアは、キルティングのレザー、20ウェイのヒーター/クーラー/マッサージ機能付きシート、スポーツ・ステアリング、アルミニウムのシフトパドル、ローレット加工(細かい凹凸のついた加工)のスイッチ、特別なグラフィックを表示するディスプレイが標準車との識別ポイントとなる。

カーボンインテリアも選択可能だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ug2*****|2019/02/06 12:16

    違反報告

    アストンマーティンと一緒に所有したい。
  • um0*****|2019/02/06 12:56

    違反報告

    このクルマ、期待しててデビュー早々に購入予定で見に行きました。
    美しいエクステリアは良かったものの、内装があまりに安っぽく、シンプル過ぎて一気に冷めてしまいました。
    ディーゼルエンジンのグレードも、このクルマには合ってないと思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します