現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 試乗 BMW 7シリーズ745e 光る高級感と洗練性 ライバルに並ぶ魅力

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.6

試乗 BMW 7シリーズ745e 光る高級感と洗練性 ライバルに並ぶ魅力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー ラグジュアリーさの向上に注力
ー 目指したタッチはロールス・ロイス
どんな感じ?
ー 4気筒から6気筒へスイッチ
ー Sクラスに並んだ乗り心地
ー ナビとセンサーで知的にコントロール
「買い」か?
ー BMWとしては、かつてない高級感
スペック
ー BMW 7シリーズ745eのスペック

    試乗 メルセデス-AMG GT63 S 4ドアクーペ 新たなクラス・ベンチマーク

どんなクルマ?

ラグジュアリーさの向上に注力

BMWは認めたくないかもしれないが、フェイスリフトを加えることになった7シリーズの受注状況は、目標値の20%程度に留まっていたようだ。現行のG12型と呼ばれる7シリーズは2015年に発表されたが、メルセデス・ベンツSクラスやアウディA8などのライバルモデルと比較すると、その仕上がりには明確に差を付けられていた。走行時の洗練性や、記憶に残るようなアピアランスの美しさを得られておらず、欧州での販売は前モデルを下回るだけでなく、裕福な中国人のステータスを象徴するクルマとしても、充分ではなかった。購買層のお金は、正当なクルマに使われていたといえるだろう。

そこで、BMWの最高経営責任者を務めるハラルド・クルーガーが、7シリーズのリフレッシュに求めたゴールは、高級モデルに相応しい、よりラグジュアリーな雰囲気をトラディショナルな手法で持たせること。モデル中期となるタイミングで弾みを付けるべく、LCI(ライフサイクル・インパルス)を与えるこになったわけ。

インテリアには、ヘリンボーン・パターン状に縫い目の入ったレザーシートやアームレストが備わり、シートベルトのカバー部分にはウッドパネルが奢られている。また吸音材がリアホイールアーチ内やリアシートの背もたれ、Bピラー内に追加された。ラミネート加工された厚み5.1mmもあるガラスが、フロントガラスだけでなくサイドやリアの窓にも採用され、パワーウインドウのモーターも一層滑らかに動作するようになっている。

目指したタッチはロールス・ロイス

変更は見てのとおり、大型化されたキドニーグリルと、その周辺にも及んでいる。少し行き過ぎと思えるほど大きなグリルの左右には、小ぶりなレーザー式ヘッドライトが収まる。つややかなクロムメッキの化粧パネルがバンパー下に配され、ラグジュアリーというよりは威圧的な雰囲気が漂っている。

BMWのデザイナーによれば、BMWが所有するブランド、ロールス・ロイスようようなタッチを目指したという。逆スラントしたスタイルの、押しが強く金属質なフロントノーズを持たせ、見るものを圧倒させようということだろう。

パワートレインはガソリンターボからディーゼルターボまで幅広く揃い、エントリーグレードは265psのディーゼルエンジンを搭載する730d。トップグレードにはV型12気筒を搭載し、四輪駆動を採用するM760Li xDriveが控える。ゴージャスなレーザー内装を備え、585psを発生するガソリンエンジンは、大型サルーンを305km/hまで加速させる。

英国での発売は2019年3月で、納車が始まるのは4月からとなっている。しかし今回われわれは、プレ・プロダクション・モデルとなる、新しい7シリーズをミュンヘン郊外のマイザッハでテストさせる機会を得た。クルマはプラグイン・ハイブリッドとなる745e。以前はドイツ空軍の基地だった場所で、従業員のトレーニング施設として、現在は使用されているという。走りはどう変わったのか、確かめてみよう。

どんな感じ?

4気筒から6気筒へスイッチ

近年としては非常に稀なケースだが、このプラグイン・ハイブリッドのエンジンは従来よりも大型化されている。フェイスリフト前の740eには、電気モーターに4気筒ガソリンエンジンが組み合わされていたが、745eとなったことで、格調のある6気筒エンジンにスイッチした。

加えてリアシート背面に搭載されるリチウムイオン電池も大型化され、容量を12kWhにまで増やすことで、電気の力だけで57kmの距離を走行できるようになったという。またバッテリーの大型化に合わせて、ラゲッジスペースは100ℓほど削られている。

さらにCO2の排出量も48g/kmと非常に低く、50g/kmという欧州の新しい規定で優遇される数値を下回る。欧州では2021年までにCO2の排出量を平均値で95g/kmにまで下げる規制があり、それを超えた場合には1gにつき95ユーロの罰金が課せられる一方で、50gを下回った場合は複数台数として計算できる優遇が受けられる。WLTP(乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法)では、プラグイン・ハイブリッドの燃費計測ではバッテリーが満充電の場合とまったく充電されていない場合、様々な状況を組み合わせて計測することになっているから、評価できる数字だといえる。

今回はまだ開発途中ということで、リデザインされたインテリアのフィニッシュや組立品質に関してはもう少し時間を掛ける必要がありそうだ。基本構造には変更はないが、スイッチ周りの仕上げも豪華さを増し、新しい8シリーズや3シリーズ、X5シリーズなどと同様にインスツルメントパネルは完全にデジタルモニター式になっている。ハイブリッドの関連情報の表示は過剰気味だが、車内の快適性は非常に素晴らしい。

Sクラスに並んだ乗り心地

ドライビングモードには、電動モーターだけの走行に限定するモードも追加された。その際の最高スピードは140km/hとなる。またバッテリーコントロール・モードも備わり、3.0ℓのエンジンの回転をギアボックスと一体となった電動モーターに伝え電気を生み出し、バッテリーを積極的に充電させることができる。しかし、この手のクルマのオーナーは、標準のハイブリッドモードに設定したままとなるだろう。

745eは、辛うじて僅かな振動が起きる以外、ほとんど一切の音を立てずにスタートする。滑らかに回転する直列6気筒エンジンは、まるで別のクルマに搭載されているかのように遠い存在で、非常に印象深い。電動モーターは27.0kg-mのトルクを発生し、低速域でのスロットルレスポンスは充分鋭い。しかし、アウトバーンで味わえるパワートレインのポテンシャルは、このクルマのひとつのハイライト。

6気筒エンジンとモーターが生む最高出力394psと、1500rpmという低回転から発生する最大トルク61.1kg-mは、ハイブリッドシステムのおかげで200kg重くなった1995kgのクルマを、優雅に走らせるには必要な数字なのだと実感する。前方空間が空いて深くアクセルを踏み込めば、速度計はためらうことなく160km/h以上まで勢いよく跳ね上がる。とても優雅な音を奏でながら。

メルセデス・ベンツS560eもこのBMW 745eも、どちらもアダプティブ・エアサスペンションを採用しているが、S560eの方が一般道での車内への振動の吸収や流暢さは一枚上手だと思う。ただし、今回試した745eにはウインタータイヤが装備されていたこともあり、サマータイヤより振動や音は強めに届けられている可能性はある。7シリーズはSクラスとのギャップをなくしたと考えて良さそうだ。

ナビとセンサーで知的にコントロール

ブレーキペダルを踏んだ時のストロークにも調整が加えられているが、ブレーキの効きがやや強すぎる印象がある反面、踏み始めが不自然に柔らかい。また745eは増えた車重に対して、ボディロールを抑制させる手段は取っていないいようだ。優れたハンドリングはBMWのDNA的なものだが、近年の7シリーズはその点で少し苦労していたように思う。Sクラスとは異なり、ラグジュアリーさを求めていたとしても、スポーティさもまた、それなりの水準が求められてしまう7シリーズの難しさが伺える。

新しい7シリーズの特徴のひとつに、インテリジェント・パワートレイン・マネージメントという機能があるが、今回は試すことができなかった。もし745eのドライビングで複雑な部分を感じてしまうと、顧客は730dの方に流れるということをBMWは良く知っているのだろう。新しいプログラムは、予測型ハイブリッドドライブと呼ばれているが、ドライバーは標準のハイブリッドモードから切り替えることなく、クルマの最大のパフォーマンスを引き出せるように設定されているそうだ。

例えば、ナビテーションシステムを利用して運転している時なら、ルートを先読みしてパワートレインは必要な充電を予め行い、都市部に入ったり渋滞に遭遇した場合は自動的に電動走行モードに切り替わると、BMWは説明している。このソフトウエアは7シリーズに先行するかたちで、330e向けに開発され、確かめることができるようだから、楽しみだ。

また、アダプティブ回生機能として、ナビテーションの地図データとクルマに搭載されたセンサーの情報を用いて、ドライバーがアクセルを少し戻した際に、回生ブレーキを用いて発電するか、スピードを保ってコースティングさせるかを、自動で判断することも可能だという。

「買い」か?

BMWとしては、かつてない高級感

プラグイン・ハイブリッドを搭載したフラッグシップ、新しい745eの試乗評価の時間は限られたものだった。今のところ、もう少し煮詰める時間が必要だとは感じたが、BMWにとって理想としている姿のクルマが登場する日も、近いように感じられた。

既に現段階でも、パワートレインはシームレスに制御されており、距離が限られてはいるが電気だけでの走行も可能で、システムの賢さは増しており、BMWとしてモノにしてきた印象がある。加えて6気筒エンジンの美しい音色とパフォーマンスが、最も経済的な7シリーズに搭載されたことで、モデルラインの中での745eのポジションは高められた。

抜きん出たラグジュアリーさという点では、BMWとしてはかつてないほどの水準だといえる。フラッグシップモデルとしての魅力と説得力は、確実に増したといえるだろう。

BMW 745eのスペック

■価格 8万5000ポンド(1207万円・予想)
■全長×全幅×全高 5120×1902×1467mm
■最高速度 249km/h(リミッター)
■0-100km/h加速 5.2秒
■燃費 47.6km/ℓ
■CO2排出量 48~52g/km
■乾燥重量 1995kg
■パワートレイン 直列6気筒2998ccターボ+同期モーター
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 394ps/5000-6000rpm(システム総合)
■最大トルク 61.1kg-m/1500-3500rpm(システム総合)
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN リチャード・レーン)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • b72*****|2019/02/06 11:11

    違反報告

    ボンネットとヘッドライトをもっとフラットにすればバランス良くなったかも。

    最近のグリルはXシリーズだとマッチしているがセダンやクーペだとボディーやヘッドライトとのバランスがアンバランス

    X7やX5はグリルはデカくなったが元々厚みがあるボディーなので変には見えないし逆に一世代前を古く見せてるので形としては成功だと思う。
    X7やX5を観た後だとX3は貧弱にみえる。
  • azu*****|2019/02/06 11:47

    違反報告

    740eのガソリンタンクの容量が少なすぎでガソリンマックスでも走行可能距離が300kmとかいう絶望的な数値が出るわけだがその辺大丈夫?
  • ton*****|2019/02/06 15:15

    違反報告

    この貧乏人専用ブランドのBMW、劣化バージョン 見たら指差して笑ってやってwww

    どうしちゃったの?? ただでさえ御三家で一番安いBMWがドヤ顔デザインになっちゃって、、、www

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します