現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲンI.D. お手頃モデル登場 価格1万8000ポンド(258万円)以下

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.4

フォルクスワーゲンI.D. お手頃モデル登場 価格1万8000ポンド(258万円)以下

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー I.D.シリーズ第5弾 現代版「ピープルズカー」
ー ベースはMEBプラットフォーム
ー サブブランドやライドシェアにも

    中国市場 低迷の新車販売が復活か 明暗分かれた各メーカーの実情

I.D.シリーズ第5弾 現代版「ピープルズカー」

フォルクスワーゲンで製品戦略リーダーを務めるミハエル・ヨストは、現代の「ピープルズカー」計画の一環とされるコンパクトクロスオーバーEVの存在を認めたうえで、その登場を2023年か、遅くとも2024年だとしている。

このコンパクト5シーターには、エンジンモデルであるT-Roc同等のボディサイズに引き上げられた車高が与えられ、ハッチバックモデルのNeoを皮切りに、2020年から続々と登場が予定されているI.D.バッテリーEVシリーズの1台となる。

以前、フォルクスワーゲン会長のヘルベルト・ディースは、その価格を2万ユーロ、英国では1万7400ポンドほどだとしており、ヨストはこの価格設定を認めつつ、「運転して楽しく、美しいデザインと完全なネットワーク性を備えたクールなEVを誕生させます」と話している。


NeoとCrozz、Buzz、さらにはVizzionの量産バージョンに続いて登場が予定されているこのI.D.シリーズ第5のモデルの戦略的な価格は、大ヒットしたオリジナルビートルやゴルフに続いて、新たにEVで現代のピープルズカーを創り出そうというフォルクスワーゲンの広範な計画にとっても重要なものだ。

フォルクスワーゲンにおけるEV戦略の立案者であるディースは最近、具体的なモデル名を明かすことなく、いま彼らのエンジニアたちはテスラ・モデル3の半分ほどのプライスタグを掲げたモデル開発を進めており、4年以内の発売を予定していると述べている。

ベースはMEBプラットフォーム

この新型I.D.モデル開発の裏には、現在フォルクスワーゲンが持つすべての市場で、幅広い顧客層にアピールすることのできるコンパクトボディに余裕ある室内空間を備え、クラスを越えたデザインの魅力を持った手ごろなクルマを創り出すという目的があるという。

他のI.D.シリーズ同様、この新型モデルもフォルクスワーゲンが誇る新MEB(Modularen Electrik Baukasten/Modular Electric Architecture)プラットフォームをベースに、現行e-ゴルフの公称航続可能距離である299kmを大きく上回るだけの十分な容量を持つバッテリーを備え、フロントに電気モーターを搭載している。価格上昇を避けるべく、用意されるのはFFモデルのみであり、数多くのコネクティビティーに関するオプションが設定されることになる。


最初はフォルクスワーゲンブランドのみとなるが、この新型ゼロエミッション5シーターをベースにしたモデルが、それぞれアウディとセアト、スコダからも登場することになる。

生産は現在パサートとアルテオンが製造されているドイツにあるフォルクスワーゲンのエムデン工場を予定しており、年間生産台数は30万台以上となる見込みだ。

フォルクスワーゲン本社の内部情報筋によれば、次期パサートとアルテオンは現在スパーブの生産を行っているチェコにあるスコダのクヴァシニ工場への移管か、ブルガリアでの新工場建設が検討されているという。

サブブランドやライドシェアにも

フォルクスワーゲンがI.D.シリーズの生産場所としてエムデン工場を選ぶということは、2020年までに100万台を大幅に上回るEV生産能力の確保を目指しているということであり、そのためには、既存のツヴィッカウとハノーバーの商用車工場、さらには中国専用モデルを生産している、それぞれ上海と仏山にあるSAIC(上海汽車)とFAW(中国第一汽車集団)との合弁工場も活用することになるだろう。

現時点で、このI.D.シリーズの新エントリーモデルの生産がその他の工場で行われる可能性はないものの、中国国内のうわさによると、この新型モデルをベースにしたモデルが、フォルクスワーゲンとJAC(江淮汽車)の合弁で新たに設立されたEVサブブランド、SOLの名で販売されることになるかも知れないとのことだ。


このI.D.の新エントリーモデルの売れ行きにも注目だが、フォルクスワーゲンではこのモデルを使って、新たに立ち上げたライドシェアとモビリティーソリューションの子会社であるモイアで、グローバルなモビリティープロジェクトの立上げを計画していると考えられている。

フォルクスワーゲングループでは、傘下のフォルクスワーゲン、アウディ、セアトとスコダの4つのブランドから、2025年までに合計27車種ものMEBプラットフォームをベースにしたEVモデルを展開する予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します