現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW X2に、Mパフォーマンスモデルの「M35i」とクリーンディーゼル車「18d」を追加

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.28

BMW X2に、Mパフォーマンスモデルの「M35i」とクリーンディーゼル車「18d」を追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、2018年に発売した『X2』のラインアップに、Mパフォーマンスモデルの「X2 M35i」と、クリーンディーゼルエンジン車の「X2 xDrive18d」を追加し、1月28日より販売を開始する。

Mパフォーマンスモデルは、パワートレインやシャシーにBMW M社の技術に基づいたチューニングを行うほか、専用デザインを採用することで、スポーティな存在感を際立たせたもの。サーキット走行を想定したMモデルと、通常モデルの中間に位置し、高いスポーツ走行性能と実用性を兼ね備える。

    脱ランフラットを望みたいが新型BMW 3シリーズはもう先代には戻れないほど大幅な進化を遂げた

今回追加されたX2 M35iは、最高出力302ps、最大トルク450Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載。専用チューニングのMスポーツ・サスペンション、Mスポーツ・ディファレンシャル、Mスポーツ・ブレーキを採用することで、より正確なトラクションコントロールや高いコーナリング性能を実現した。

外装デザインは、Mパフォーマンスモデルの専用装備を組み合わせることで、ダイナミックさを強調。ヘッドライトやフォグランプ、キドニーグリル、ミラー・キャップを、Mパフォーマンスモデル専用のセリウムグレーとし、サイドエアインテークにはシャープな印象のブレードデザインを採用。さらに、より空力性能が高いMリアスポイラーを装備した。また、内装ではヘッドアップ・ディスプレイを標準装備とした。

一方、X2 xDrive18dは、市場からの要望が多かったクリーンディーゼルエンジン搭載モデル。2.0リットル直列4気筒ツインパワーターボディーゼルエンジンは、最高出力150ps、最大トルク350Nmを発揮する。

デザイン面では、X2で初めて導入された「Mスポーツ Xモデル」を採用。これはエクストリーム・スポーツからインスピレーションを受けたデザインで、フローズン・グレーのアクセントがちりばめられた専用装備を採用する。

日本仕様は右ハンドルのみ。価格は、M35i が684万円、xDrive18d MスポーツXが534万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します