現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 欧州の元祖ミニバン「エスパス」、ルノースポール製エンジンが性能アップ

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.13

欧州の元祖ミニバン「エスパス」、ルノースポール製エンジンが性能アップ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノーのベストセラー・ミニバン、『エスパス』改良新型を初めてカメラが捉えた。今回のフェイスリフトでは、前後デザインの他、パワートレインにも進化が見られそうだ。

1984年に誕生したエスパスは、1997年の3代目までマトラ・オートモビルと共同開発されていたが、2003年に発売された4代目以降はルノーの自社開発生産となった。日本と異なり、商用車的イメージがまだある欧州において、乗用車として認識されている数少ないミニバンと言える。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

スカンジナビアで捉えた開発車両は、ボディ前後がカモフラージュされている。変わるのは、ヘッドライト、フロントグリル、コーナーエアインテークを含むバンパー、テールライトのグラフィックやバンパーが刷新されるようだ。

現行モデルのパワートレインには、ルノースポール製1.8リットル直列4気筒「TCe225」ガソリンエンジンが搭載されており、最高出力225psを発揮する。これは、最高出力252psを発揮する『アルピーヌA110』新型のエンジンをデチューンしたものだが、改良新型では馬力アップが期待できそうだ。また最高出力160psと200psを発揮する新開発2.0リットルディーゼルエンジンが新たに設定される模様。

その他装備などでは、ホイールオプション、ソフトウェアのアップデート、トリムな類などがリフレッシュされる。

ワールドプレミアは、2019年内に行われるはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します