現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > AUTOCAR独占取材 ジャガーIペース主任設計者への一問一答 次の一手は

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.10

AUTOCAR独占取材 ジャガーIペース主任設計者への一問一答 次の一手は

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ジャガーの電動化 企業としての変化
ー EVのIペース 開発の舞台裏
ー どのようにIペースは展開拡大する?
ー ジャガー、ゆくゆくはEV専業メーカーに?

    EV 運転スタイルによる航続距離の差は? 2台のジャガーIペースで検証

ジャガーの電動化 企業としての変化

ジャガーIペースは2018年を代表する新型車のみならず、英国の技術の優秀性を世に示したモデルといえる。

今回は主任設計者のデーブ・ショーに、今後のIペースの進化ならびに将来のジャガーEV化への展望について話を聞いた。

――電動化によってジャガーはどう変わりましたか?

「EVを手がけることで、ジャガー・ランドローバー(JLR)は世界がめまぐるしく変わりつつあることに気づかされました」

「技術革新の可能性については、限界はまるでみえてきません。はじめこそ改善点が山のように出てきますが、そのひとつひとつはなんら妥協点をさがすまでもなく、すぐに対処できてしまいました」

「そのうちに、社内でのIペースの位置づけまで変わってきました。いまの状況からは想像できないかもしれませんが、もともとは先行研究としてはじめたのです」

――電動化にあたって、小回りのきくJLRの企業規模が有利に働いたのでは?

「電動化の恩恵は誰もがひとしく受けています。企業規模の大小に関係なく、どこにも技術革新の波はやってきていますよ」

――JLR内部の考え方にも変化はありましたか?

「わたしもふくめて、根こそぎ変わりましたね。もともとエンジン車至上主義で、EVなんて真っ平ごめんだったこのわたしがですよ?」

「わたしも1台持っていますが、もう3万2000kmも走りました。もう内燃機関には戻れませんね。じぶんの使い方には合ってますし、まるで我慢もいりませんから」

EVのIペース 開発の舞台裏

――他社に先んじてIペースを市販に移せた要因は?

「真っ先に出せた理由はわたしにもわかりません。どこもやっていることですからね」

「ただ、(前JLR技術責任者の)ウォルフガング・ジーバート博士らのような、強靱な意志の持ち主に恵まれたことはひとついえると思います。彼はわれわれに、正しいことなのだから何としても進めるべきだといったのです」

「それで社内はがぜん勢いづきました。英国ではハードルが高いとおもわれた技術的挑戦に全社をあげて取り組む原動力になったのです。そういう挑戦はわれわれも望むところです」

――開発に要した時間は?

「3年前に立ち上がったX590という計画がはじまりでした。ジーバート博士のかかげた骨子は『ジャガー最高のEVをつくる』というものでした」

「その後、目標は『世界一のEV』に変わりました。さらに計画自体ももともとは単なる先行研究でしたが、課題をひとつひとつ解決していくうちに1台のクルマとして現実のものになったのです」

――Iペースのモデルライフにおける進化の見通しは?

「つねに内容は更新していく予定です。造る側としては、つねにクルマを時流に合わせる必要があります。おおくのクルマはあっという間に陳腐化してしまいますが、いまやわれわれには無線アップデートという技があります」

「EVは無線通信でアップデートできますから、買ってもすぐに時代遅れになってしまうという心配は無用です」

どのようにIペースは展開拡大する?

――Iペースの派生版を出す構想は?

「そもそも、EV購買層の考え方はまるでことなります。クルマの速い遅いよりも、ライフスタイルに合うかどうかのほうが重要なのです」

「出力そのものはたいして問題ではないのです。もちろんパワーアップも可能ですが、そうしたところで乗ってみてもたいした変化は感じられないと思います」

――モデル展開はのちのち増える見こみですか? または単一モデルで乗り切るのでしょうか?

「Iペースはソフトウェアで進化をつづけるわけですから、ただのお仕着せの単一モデルではありません。ジャガーが胸を張ってお送りするすぐれたクルマですし、これから開発していく新技術も適用していきます」

――Iペースがほかのジャガー車にあたえる影響は?

「思考様式とほかのEVへの両方においてですね。物事を前に進める原動力になってくれるでしょう。ジャガー内部でいまなにをすべきかは承知していますが、Iペースはわれわれの考え方に示唆を与えてくれるように思います」

「1台のEVを仕上げるやり方についてはひと通り学んできましたし、それはわれわれにとっても大きな力です。思考様式が変わったことで、将来の会社のあり方も望ましいものになるでしょう」

「EVをめぐってはまだまだいろいろな動きがありますし、JLRでも技術陣一丸となって精力的に可能性をさぐっています」

ジャガー、ゆくゆくはEV専業メーカーに?

――話は飛躍しますが、ゆくゆくはジャガーがEV専業メーカーになる見通しはありますか?

「個人的には、わからないですね。ただ、Iペースの開発は将来の行く先をさぐるいい機会です。現時点では、EV開発は会社にとってもよかったといえるでしょう」

――ジャガーの歴史において、Iペースの位置づけはどうなると予想されますか?

「ジャガー車の変革期と位置づけられるでしょうね。わたしはもう引退後の生活を考えていますが、後になって『わたしは歴史が動くその場にいたんだ』と感じるでしょうね」

「Fペースが試合の流れを変えたとすれば、Iペースはもはやべつの競技です。Iペースを振りかえって、それはジャガーがまったく考え方を変えて新しいことをはじめたときだった、と言われたらいいですね」

――最後に、ひと言お願いします。

「われわれは何がなんでも前へ進まねばなりませんし、その理念のもとで全社一丸となっています。これまでの開発で解決してきた課題と得た教訓をもとに、将来へむけて邁進していきます」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します