現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型メルセデス・ベンツCLAを目撃 AMG 45は422psか

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.8

新型メルセデス・ベンツCLAを目撃 AMG 45は422psか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー CESで発表へ AMG 35と45を撮影
ー サイズは拡大 後席の快適性が向上
ー シューティングブレークは?

    『新型メルセデス・ベンツCLAを目撃』すべての画像をみる

CESで発表へ AMG 35と45を撮影

メルセデス・ベンツは2代目CLAを、北米で開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で発表する。それに先立ち、本誌はCLAのホットバージョンのテスト写真を入手した。

今回目撃されたのはAMG CLA35と45モデル。標準のCLAから数カ月後に発表される予定だ。

小型版CLSとも呼べるようなボディ形状は、比較的軽い偽装を施した状態でテストされていた35モデル(387ps)ではっきり確認できる。また、35モデルは2本出しだが、45モデルでは4本出しになっている。

スペックについてもある程度予想できる。ドイツのある保険会社のサイトから偶然メルセデスAMG A45のスペックが判明したためだ。それによれば、2.0ℓガソリンターボは標準モデルで387ps、Sモデルでは422psを発揮するという。CLAはAクラスと同じ駆動システムを採用しているため、最高出力も共通すると思われる。

英国での発売は6月となる見通しで、先代でも使用されたプラットフォームや2種類から選べるリアサスペンションなど、新型CLAには新型Aクラスの新機能がすべて盛り込まれている。4気筒のガソリン、ディーゼルエンジンはともに改良されるが、注目は磨きのかかった現代的なインテリアだ。

メルセデスの最新のオペレーションシステムであるMBUXが搭載され、デジタルメーターやタッチスクリーンのインフォテインメントシステムが採用されている。シューティングブレークも今年後半に発表される予定だ。

サイズは拡大 後席の快適性が向上

CLAは最近公開されたAクラスセダンに続き、メルセデスが送り出す強力なコンパクトモデルのうち、ふたつ目の4ドアモデルだ。新しいCLAはサイズが拡大し、今ではBMW 4シリーズグランクーペよりも大きい。発表までは具体的なサイズは公開されないが、メルセデスの広報によれば、全長4549mmのAクラスセダンよりも大型だという。

内部コードのC118で呼ばれていた頃に、本誌では試乗が許可された。延長された全長は主にホイールベースの拡張に使われており、リアのドアの拡大により乗降性が向上。足元空間が拡大したことで、パッケージングの質が高まっていた。

初代CLAと同じく、クーペのような大きく弧を描いたルーフラインと短いトランクリッドが特徴的。すべてが判明しているわけではないものの、目撃写真から新型CLAの特徴が見て取れる。

フロントは大きく絞り込まれ、ユニークな特徴のヘッドライトを持つほか、3つに分かれたグラスハウスは太いBピラーとCピラーで区切られている。

空力面での改善も行われている。底面はほとんどフラットになり、ディフューザーのような役割を果たす数多くの部品が、高速域では空気の流れを整える。メルセデス・ベンツは詳細を明らかにしていないが、先代の0.22に近い驚異的なCd値を実現しているものと思われる。

新しいルックスは「官能的な純粋さ」と呼ばれるデザイン哲学に基づいて進化している。先代の引き締まってエッジの効いたラインではなく、滑らかで豊かな形状になった。狙いはCLSとEクラスのように、Aクラスとの差別化を図ることのようだ。

シューティングブレークは?

最近目撃されたプロトタイプは新型CLAシューティングブレークのデザインも示唆している。先代と同じく、デザインを重視した外観になるようで、なだらかなカーブを描くルーフラインと傾斜の効いたテールゲートは積載能力ではなくルックスを重視している。

新型CLAとCLAシューティングブレークは、MFA2プラットフォームを用いた5、6番目ののモデルとなる。MFA2プラットフォームは前輪駆動と四輪駆動に対応しており、トーションビーム、マルチビーム式サスペンションを使用することが可能だ。

CLAに搭載されるエンジンは4気筒のガソリンおよびディーゼルになる模様だ。これには、四輪駆動の新型CLA35 4マティックに搭載される最新のM260ガソリンユニットも含まれている。このモデルは最近発表されたA35 AMGとパワートレインを共有するだろう。

さらに高出力にチューニングされたM260エンジンを、トップモデルのCLA45に搭載。これらのモデルは8速デュアルクラッチと新たに開発された四輪駆動システムを採用され、「ドリフトモード」が追加されている。

2019年に発売されるメルセデスのモデルは他にも、新型GLEや、3代目Bクラス、メルセデスEQのファーストモデルであるEQCがある。これらはすべて、すでに発表を終えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します