現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 試乗 レクサスUX200 Fスポーツ 2ℓNAエンジン車、価格443万円の評価は?

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.4

試乗 レクサスUX200 Fスポーツ 2ℓNAエンジン車、価格443万円の評価は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー 2.0ℓ自然吸気エンジン車 UX200

    『試乗 レクサスUX200 Fスポーツ』すべての画像をみる

どんな感じ?
ー 走りでFスポーツを選ぶなら
ー ちょっと踏み込む このトルクは?

「買い」か?
ー ハイブリッドか 内燃か

スペック
ー レクサスUX200のスペック

どんなクルマ?

2.0ℓ自然吸気エンジン車 UX200

ハイブリッドだ、クリーンディーゼルだ、ダウンサイジングターボだ、と書いていると自然吸気ガソリンエンジンはコストメリットだけのような扱いに陥りやすいが、UX200に試乗すると基礎技術の進化があってこその先進技術という当たり前のことを再確認してしまう。

UX250hの記事でも述べたが、レクサスUXはハイブリッド車もガソリン車も新開発のM20A型エンジンを採用。M20Aは新D4S(多孔直噴&ポート噴射)、アトキンソン(ミラー)サイクル、大量クールドEGR、高圧縮、ロングストローク、吸気流タンブル強化、補機類電動化等々を採用。高効率化技術の集大成ともいえる設計が施されている。結果、ガソリン車用のM20A-FKSの熱効率は40%にまで達している。また、ミッションには発進専用ギアを加えてベルト負荷の低減を図るとともに変速比幅の拡大した新開発のダイレクトCVTを採用する。

レクサスUXとプラットフォームを共用するC-HRのガソリン車に搭載される1.2ℓのダウンサイジングターボとパワースペックを比較すると最高出力は58ps、最大トルクは2.4kg-mも上回っている。とくに最大トルクはNA2ℓではトップクラスだ。

ハイブリッド車と比較すれば普及仕様のポジションだが、スペックから見る限りプレミアム方向でC-HRの上位に位置するモデルに相応である。なお、JC08モード燃費は等価慣性重量区分でUX200のほうが1区分重くなるにも関わらず0.8km/ℓ勝っている。

どんな感じ?

走りでFスポーツを選ぶなら

リッター当たりトルクが11kg-mに迫る最大トルクも注目されるが、発生回転数が4000~5200rpm。省燃費エンジンやダウンサイジングターボにありがちな高回転の失速感はない。

威圧感のないエンジンフィールもあって、スポーツ車と違った心地よさがある。マニュアル変速モードではメリハリの利いた変速も楽しめ、ファントゥドライブを求めてFスポーツを選択するドライバーにはハイブリッド車よりも「らしい」走りが楽しめる。

ただし、高回転の使いやすさは余芸でしかない。Dレンジ走行の基本は回転を抑えて巡航ギア(比)を維持する制御。巡航回転数を1500~2000rpmとした変速制御もセオリーどおりである。CVTながら無理に回転を一定化させるようなこともなく、多段ATにも似た変速を行うのでCVT嫌いのドライバーも納得できるだろう。

興味深いのは巡航ギア維持加速性能。過給器っぽいというかNA2ℓとは思えない力感がある。

ちょっと踏み込む このトルクは?

浅い踏み込み領域のトルク感は2ℓ標準の1.5倍くらいある。車重は1.5t級の車重ならダウンシフトして2500~3000rpmくらい回して得られるような駆動トルクを巡航ギアで維持できる。ちょっと不思議な感じだ。

今や軽乗用NA仕様車では標準的だが、スロットル開度を大きく取ってペダルストローク(アクセル開度)の浅い領域でのトルクを大きく制御しているようだ。

これについては開発にも尋ねてみたが、やはりトルクオンデマンド制御でペダルストロークとスロットル開度は直接的連携ではないとのこと。とは言ってもトルクオンデマンド制御ではエンジンのトルクで賄い切れないとダウンシフトで埋めなければならない。ところが深く踏み込んでも急激なダウンシフトを行わない。無段変速の長所を最大限に活かしてステップ変速感を失わない範囲で中庸域を使っているような感じ。正に妙味である。ちなみにマニュアル変速で走らせるとDレンジほどの力感は得られない。

フットワークは基本的にハイブリッド車と共通しているが、悪く言えば若干浮ついた印象もある。ただ、好意的に解釈すれば軽快でもあり、カジュアルな印象とも。

全体としては段差乗り越えで多少の当たりの強さを感じるものの、入力が小さい時に滑らかなストローク感がありながら大入力でもストローク速度を抑えて粘りと安定を維持。強い印象を与えるタイプのフットワークではないが、街乗りにも遠出にもいい。懐深いフットワークである。

「買い」か?

ハイブリッドか 内燃か

C-HRはハイブリッドに4WD車がなく、レクサスUXはガソリン車に4WDがない。棲み分けなのかと勘ぐってしまうが、価格レンジを考えれば競合は難しい。これはレクサスUXのオススメ度そのものでもある。

プレミアム感も走りの懐深さも評価できるのだが、400万円以上の価格レンジは国産コンパクトSUVとしてコスパ評価では厳しすぎる。予算面でも、やはり輸入車狙いのドライバーが対象だろう。嗜好的にどう捉えるかは別として、生活の場でもレジャーでもケレン味なく味わえる良質は十分に魅力的である。輸入コンパクトSUVに対抗できるだけのプレミアム性は備わっている。

レクサスUX狙いのドライバーに微妙なのは2ℓ車とハイブリッド車の選び分けだろう。

4WDが必須のドライバーなら必然的にハイブリッド車になるが、4WDシステムは生活四駆型である。FFのハイブリッド車との価格差は35万円。試乗時の大まかな比較では実燃費はカタログ値ほど大きくないようで、価格差を燃料代で埋めるのは相当なヘビーユーザーでないと難しい。パワートレインのドライブフィールの好みやイメージで選び分けることだ。

レクサスUX200のスペック

レクサスUX200 Fスポーツ

■価格 443万円
■全長×全幅×全高 4495×1840×1540mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費(WLTCモード) 16.4km/ℓ
■CO2排出量(WLTCモード) 142g/km
■燃費(JC08モード) 17.2km/ℓ
■車両重量 1490kg
■パワートレイン 直列4気筒1986cc
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 174ps/6600rpm
■最大トルク 21.3kg-m/4000-5200rpm
■ギアボックス ギア機構付き自動無段変速機



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 川島茂夫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します