現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スズキ ラパンモード…大人かわいい特別仕様を追加[詳細画像]

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.4

スズキ ラパンモード…大人かわいい特別仕様を追加[詳細画像]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは、軽乗用車『アルトラパン』に、大人らしく落ち着いた印象の特別仕様車「モード」を設定し、12月6日に発売した。「シックでクールな印象の中にも女性らしさが感じられる“大人かわいいラパン”」が商品コンセプトだ。

ラパンは2002年に初代が登場以来、累計75万2000台を販売している。ユーザーは90%が女性で、さらにその内の約60%が20~30歳代となっている。“ナチュラルでかわいい”というのが支持されるポイントだ。

    サンルーフ以上、オープンカー未満! 日常の足に最適なキャンバストップをもったコンパクトカーを狙え!

その中で特別仕様車の方向性は「ほかの人とはちがう」「大人っぽさもほしい」「仕立ての良さも大事」といったもの。ターゲットユーザーは、「ラパンは好きだけどもう少し落ち着いた雰囲気が好き」「もっと自分の個性を主張したい」などと考える人。アルトラパンモードによって、より幅広い女性にラパンのユーザーを広げる。

アルトラパンモードのインテリアは、シート表皮、ドアトリムクロスとフロアマットをネイビー基調で統一するとともに、ブラックパールのガーニッシュやヘリンボーン模様の木目柄を取り入れたインパネにより、落ち着きと上質感を演出した。

エクステリアには、メッキフロントグリルや、シルバーとホワイトの2トーンに塗り分けたフルホイールキャップ、ブルーのアクセントカラーを施したフロント・バックドアのエンブレムなどを採用した。車体色にはノクターンブルーパールをはじめ、モノトーン5色、ホワイト2トーンルーフ 3パターン、全8パターンのシックなラインアップとした。

スズキの予防安全技術「スズキセーフティサポート」の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」を標準装備し、さらに、「ナノイー」搭載フルオートエアコンや助手席シートヒーター(2WD車)など追加の快適装備を採用した。

エンジンは0.66リットルDOHC吸排気VVT(エネチャージ)、駆動レイアウトは2WDまたは4WD、変速機はCVT。JC08モード燃費は2WDが35.6km/リットル、4WDが33.2km/リットルとなっている。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)は2WDが135万3240円、4WDは145万2600円。一部カラーではプラス料金。ベース車の「S」グレードに対して2WDで6万8040円プラス、4WDで6万4800円プラス。

なお「モード」の車名は1990年発表の『セルボモード』に使われていたことがある。このときも『アルト』の上級仕様という位置付けだった。また初代ラパンにも「アルトラパンモード」を設定、特別感と上質感をテーマとした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 高木啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します