現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > NSX(初代/2代目) アメリカでの評価は? オークション分析

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.4

NSX(初代/2代目) アメリカでの評価は? オークション分析

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型NSX 1300万円切り

2016年8月に登場した2代目NSXは、ホンダ独自の3モーター・ハイブリッド・システムを備える新時代のスーパースポーツとして送り出された。発表以来世界各国で高い人気を集めたが、新車の販売だけではその本質は見えてこない。ユーズドカー価格やオークションの落札額までを見ることにより、そのクルマがどのように評価されているかがようやく分かるのである。

    『NSX(初代/2代目) アメリカでの評価は』すべての画像をみる

2018年9月 イギリス

9月のボナムス・グッドウッド・リヴァイヴァル・オークションに出品された新型ホンダNSXは、走行わずか18マイル(28.8km)というデリバリーマイル状態でイギリス仕様の右ハンドル車。NSXの販売価格はイギリスでは17万25ポンド(2452万円)、日本でもオプションのバレンシアレッド・パールを含め2437万円に設定されている。

オークションでは入札が続かず最終的に13万225ポンド(1905万円)で終えてしまい、日本のファンを驚かせた。現在日本のユーズドカー市場で新型NSXは2000~2600万円のプライスが付けられているだけに、実質新車といえるものが1905万円で落札されたことから注目を集めたのである。

2018年12月 アメリカ

12月になって開かれたRMサザビーズ・ピーターセン・オートモービル・ミュージアム・オークションに新旧NSXの姿があった。

新型NSXは2017年モデルでアメリカ向けのアキュラ・バージョンで、カジノ・ホワイト・パールのボディカラーを始めカーボン・エクステリア/インテリア/エンジンカバーが組み込まれ、スポーツシート、セラミック・ブレーキ、テクノロジー・パッケージが組み込まれたフルオプション状態にある。2017年に581台作られた中の223台目にあたる個体で、走行は2700マイル(約4400km)と新車同様といえるコンディションだった。

オークションを終えてみれば落札額はなんと11万2000ドル、日本円にして1266万円という超安値で終えたのである。ロンドンの1905万円で安いと驚いていたが、想像を絶する額で終えたのだ。オークションは高いと思われているが、たまたま欲しい人が会場にいないと、時にはこのような安さで終えることがあるので目が離せない。

初代NSXは855万円

同時に出品されたブラックでシリアルナンバー222が与えられたアキュラNSXは、アメリカで販売が開始された年である1991年製。

1オーナー車で走行はわずか6000マイル(9600km)でフルオリジナルというコンディションの良さが評価されて7万5600ドル(855万円)まで値を上げたのが対象的だった。ちなみにアメリカのオークションで初代NSXは5~6万ドルで落札されていることを考えると、なかなかの評価であることが分かろう。

価値のあるものはちゃんと評価されるのがオークションなのである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します