現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 近付きつつある兄弟車のサイズを比較! メルセデス・ベンツの新型Aクラスと新型Bクラスの違いとは!?

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.29

近付きつつある兄弟車のサイズを比較! メルセデス・ベンツの新型Aクラスと新型Bクラスの違いとは!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハイ、メルセデス」と語りかけるCMが印象的な新型Aクラスだが、ついに日本国内でのデリバリーがスタート。さらに、欧州では新型Bクラスがデビューしており、日本市場への導入も間近と思われる。両車とも同セグメントに属するメルセデス・ベンツのエントリーモデルだが、それぞれの特徴はそのサイズにも現れている。

 名称や見た目から、AクラスよりもBクラスが大きいと思われがちだが、単純にそうとも言い切れないのが両車の難しいところ(?)だ。デビュー当初はBセグメントに位置付けられていたAクラスは、徐々に大型化。4代目となる現行Aクラスは、Bクラスと変わらない全長を与えられている。

    大人向けマツダ・ロードスターのコンセプトカーが登場!【オートサロン2019】

 では、両車の違いはどこにあるのか? それぞれのサイズを比較しながら、その特徴を紐解いていこう。※数値はいずれも欧州仕様のもの。

メルセデス・ベンツAクラス 全長×全幅×全高:4419×1796×1440mm ホイールベース:2729mm

メルセデス・ベンツBクラス 全長×全幅×全高:4419×1796×1562mm ホイールベース:2729mm

 いずれもメルセデス・ベンツの新たなデザイン要素が取り入れられ、スタイリッシュな装い。BクラスはあくまでもMPVらしく見える出で立ちだったが、新型ではやや全高が低く抑えられた影響もあり、両車の見た目の雰囲気が近くなった印象を受ける。

 ただ、全高以外は同じ数値ということで、コンパクトなスポーツハッチバックのAクラスに対し、広々とした空間を持つハッチバックのBクラスという位置付けは変わらない。

メルセデス・ベンツAクラス 全幅:1796mm トレッド:フロント1567/リヤ1547mm

メルセデス・ベンツBクラス 全幅:1796mm トレッド:フロント1567/リヤ1547mm

 全幅やトレッドの数値は同じ。新型Bクラスは先代に対して10mmワイドになっており、スポーティという面でAクラスに近付いた。

メルセデス・ベンツAクラス 最小回転半径:5.5m

メルセデス・ベンツBクラス 最小回転半径:5.5m

 やはり最小回転半径は両車で変わらない。どちらのモデルも、日本の街中で運転しやすいサイズ、かつ小回り性能を有していると言えるだろう。

メルセデス・ベンツAクラス 荷室容量:370ℓ

メルセデス・ベンツBクラス 荷室容量:455ℓ

 大きく違いが出たのが、荷室容量。数値はいずれも後席を使用している状態だが、全高の違いが荷室容量の違いに大きく反映されており、当然居住スペースもBクラスが上回る。

 いずれのモデルの後席も40:20:40の分割可倒式が採用されており、使い勝手は抜群だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 古川裕)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します