現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 大人向けマツダ・ロードスターのコンセプトカーが登場!【オートサロン2019】

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.29

大人向けマツダ・ロードスターのコンセプトカーが登場!【オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードスターにはサーキット向けのグレードとしてNR-Aが用意されるが、そこまではちょっと……という人も多いだろう。そこでマツダが用意したのがロードスター・ドロップヘッドクーペ・コンセプトだ。

 走りが信条のマツダ・ロードスター。早朝のワインディングを走らせるのもいいが、本気で走らせるなら、やはりサーキットに持ち込みたいところ。だがサーキットでオープンカーを走らせる場合は、オープン状態ならロールケージを装着することが求められ、ロールケージがない場合はソフトトップをクローズ状態にしなくてはならない。
 
 そこで来年のオートサロン2019でマツダが展示するコンセプトカーが、「週末の大人の趣味」に相応しい、気軽にサーキット走行が楽しめるロードスターだという。
 剛性を高めるディタッチャブルハードトップや、エアロパーツ、LSD、クラッチ、フライホイール、エアクリーナー、RECAROシート、ドアトリムなどなど大人が週末に楽しめる1台となっている。
 
 ディタッチャブルハードトップはサーキット走行時にはロールケージ代わりに剛性アップにつながると主張するが、空力性能も有利だ。2代目に存在したロードスター・クーペも存在感はあったが、今回のコンセプトもなにかしら市販化に結びつけばおもしろい。

    近付きつつある兄弟車のサイズを比較! メルセデス・ベンツの新型Aクラスと新型Bクラスの違いとは!?

MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT特別装備

エクステリア
ディタッチャブルハードトップ(カーボン製)、フロント/サイドアンダースカート、けん引フック、LEDバルブ(ライセンスプレートランプ)、ウインカーバルブ(シルバー)

足回り
16インチアルミホイール(RAYS鍛造)、ホイールナットセット、LSD、クラッチセット、フライホイール、エアクリーナー、強化ブッシュ

インテリア
RECAROシート、ドアトリム、デコレーションパネル、センターコンソールリッド、パーキングブレーキ/シフトブーツ、アルミペダルセット、フロアマット(プレミアム)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します