現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > DSが提示「つまらない」コンセプトカーへの対抗案 X Eテンス 短評も

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.27

DSが提示「つまらない」コンセプトカーへの対抗案 X Eテンス 短評も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 「つまらない」コンセプトカーに対する回答
ー X Eテンス、何を世に問うのか?
ー DS X E-テンス試乗記
ー デザイン部門責任者、シエリー・メトロズへの一問一答

    『X Eテンス』すべての画像をみる

「つまらない」コンセプトカーに対する回答

今年はじめに発表されたコンセプトカー「X Eテンス」は、DSの考える2035年のクルマを形にしたものだという。

と同時に、デザイン部門を統括するシエリー・メトロズによれば、他社の「つまらない」コンセプトカーに対する回答でもあるそうだ。

今回、AUTOCAR英国編集部はこのクルマをフランスの公道で試乗する機会に恵まれた。そのあたりは、試乗後に聞いた彼の話とあわせてあとでお伝えさせていただこう。

さて、X EテンスはDSのフォーミュラEマシンから走行装置のおおくを受けつぐ3座のコンセプトカーだ。

サイドカーにヒントを得たという、ひじょうに特異な左右非対称のボディデザインがまず目をひく。

その非対称をなすのは、フォーミュラマシンそのままに見えるオープンの運転席と、快適性を追求したゆとりある囲いつき客室だ。

動力源となる2基のフォーミュラE用電動モーターは標準で合計543ps、サーキットモードでは1360psを発生する。自律走行の機能も組みこむ構想で、ということはドライバーは真剣に運転を楽しむか、はたまた安楽のうちにクルマに連れていってもらうかを選べるというわけだ。

X Eテンス、何を世に問うのか?

メトロズによれば、このクルマで世に問うのはDSの考える操る楽しみと自動運転との調和だという。

「他社の電動自動運転コンセプトカーを見て、正直危惧をおぼえました。どれもこれも判で押したようにデザイン哲学がおなじなんです。洗濯機か電話ボックスみたいに無味乾燥で、精魂のかけらも感じとれません。つまらないとしか言いようがないんです」

「そんなものはわれわれの自動車観とは相いれません。自動運転車は手がけるにしても、お客さまはこれからもクルマに刺激と興奮、そして特徴ある美しい姿を求めるはずですから」

モーターとバッテリーをそれぞれ前後に収めるフォーミュラEマシンゆずりの基本構造のおかげで低いボディを実現できたのも、床下にバッテリーをおくためにチョコバーか何かみたいな背高の箱になってしまうおおくのEVとはっきり異なるところだ。

メトロズも「スリムなスポーツカーのコンセプト」にはこの構成が不可欠という。

また、ヘッドライトの代わりに配したLEDの「ライト・ベール」や3Dプリンター成型のグリルなど、X Eテンスの目新しさは基本構成にとどまらない。

DS X E-テンス試乗記

EVのコンセプトカーらしからず、ドライバーの本能にうったえてくるクルマだ。まわりが開けた運転席で光や風をじかに感じられるのはもちろん、フォーミュラEマシンゆずりの2基のモーターから出てくるかん高い響きもおどろくほどおおきく耳に伝わってくるのだ。

本来の動力性能こそ封印されているように見受けられたが、それでも一品もののプロトタイプにしてはじゅうぶんな速さを見せてくれた。

フランスの冷たい風が肌を刺しはじめる80km/hまでスピードを上げても、包みこまれる客室のほうはますます快適だ。そのままコーナーの連続にさしかかっても、ピタリと決まる運転姿勢と硬質な乗り心地、そして甘さのないステアリングのおかげで次々と吸い込まれるように抜けていける。

あたかも単座マシンを操る気分だが、そもそもフォーミュラマシンの骨格を生かしてつくったクルマだからもっともではある。その分、横に巨大な客室があったのを思いだしてちょっと興ざめてしまうかもしれないが。

現時点では、レーシングカーそのものの飛びはねるシャシーだけはお世辞にも公道向きではない。それでも、ドライバーの関与を居住空間や快適性と同列に尊重するという、ほかのコンセプトカーとはまるでちがった新鮮な将来像を提示してくれたことはまちがいないといえよう。

DSデザイン部門責任者、シエリー・メトロズ氏への一問一答

――X E-テンスをデザインする上でのヒントは?

「まずは、サイドカーの概念を応用できないかというところでした。ドライバーには外の世界を五感で味わう喜びを、そしてほかの乗員にはマユにくるまれるような心地よさを提供するということですね」

――非対称形のクルマのデザインは難しかったのでは?

「それはもう。はじめはホイールベースも左右別々にと思っていましたが、DSパフォーマンスに話を持っていったら『本気ですか?』と返されました。まあ実走するクルマですからね。安全上もホイールベースは左右同一のほうがよいということになりました」

――左右非対称のクルマは市販に移せそうですか?

「じっさいのところは難しいですね。とくに、地域によってステアリング位置が異なりますから」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します