現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディの新型クーペSUV「Q4(仮)」市販プロトタイプを初スクープ

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.27

アウディの新型クーペSUV「Q4(仮)」市販プロトタイプを初スクープ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディが開発を進める新型クロスオーバーSUV『Q4』(仮称)市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。以前捉えた開発車両は、現行パーツをまとい全体にマスクが施されていたが、今回は生産型パーツを装備していた。

Q4は『Q3』と共有する最新の「MQB」プラットフォームを採用。ルーフ後端を寝かせたクーペスタイルのクロスオーバーSUVで、車格的にはQ3と『Q5』の間に位置する。全長は少なくとも177.1インチ(約4500mm)と推測され、Q3よりわずかに大きく、ライバルのBMW『X2』より余裕をもったキャビンスペースとなりそうだ。また、与えられる車名は「Q3スポーツバック」とも噂されているが、現状では断定できない。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

アウディらしいカモフラージュで現れたプロトタイプのリアビューは、Cピラーが寝かされたクーペルーフ、Q3と異なるテールライトが確認できる。バンパーのエアアウトレットはQ3より大型化され、かなりアグレッシブだ。またフロントエンドでは、Q3同様のヘッドライトが見てとれるが、グリルは『RS Q8』ばりのメッシュデザインを採用、コーナーエアインテークなど随所に専用のスポーティデザインが与えられている。

予想されるパワートレインは、1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ/ディーゼルターボエンジン、2リットル直列4気筒ガソリンターボ/ディーゼルターボエンジンなどのラインアップだ。また頂点には、2.5リットル直列5気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力400psを発揮する「RS」が設定される可能性も高い。

ワールドプレミアは2019年内と思われ、ハンガリーのジュエール工場で生産が予定されている。価格はエントリーモデルで3万2000ユーロ(約410万円)程度になるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/12/27 13:17

    違反報告

    2.5リッター5気筒をぜひ採用してほしい
    TTRSが最高だから期待できる
  • tar*****|2018/12/27 15:11

    違反報告

    売れないからって何度も営業の電話かけてくるのは如何なものでしょうか。
    廉価車種に積極的にB&Oをインストールする準備を始めている、と聞きましたが
    それより先に適正価格に戻すことが先決かと。


    表 2018年11月輸入車ブランド別登録台数TOP10


    位ブランド2018年11月前年同月前年比順位上下
    1MB5450 5413100.7←
    2VW4380 4235103.4↑
    3BMW4253 452694.0↓
    4BMW MINI2173 230994.1
    5Audi1671 239072.3
    6Volvo1639 1219134.5
    7Jeep985 793124.2
    8Peugeot784 758103.4
    9Renault586 531110.4
    10Porsche549 65084.5
  • ats*****|2018/12/27 13:39

    違反報告

    クーペSUVってなんやねん

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します