現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フェラーリの290MM 24億8657万円で落札

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.25

フェラーリの290MM 24億8657万円で落札

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクーデリア・フェラーリの290MMが登場

12月8日に開かれたRMサザビーズ・ピーターセン・オートモーティブ・ミュージアム・オークションの主役となったのがフェラーリ290MMだった。860モンツァをベースにV12 SOHC 3490ccのティーポ136エンジンを搭載したファクトリーカーとして、1957年にS/N:0616、0626、0628の3台が製作された。

    『フェラーリの290MM』すべての画像をみる

いずれもワークスカーとして当時のトップドライバーにステアリングを託し、世界スポーツカー選手権で活躍。今回出品されたS/N:0628は、ブエノスアイレス1000kmでアルフォンソ・ポルタゴ、ウルフガング・フォン・トリップス、ピーター・コリンズらが乗り総合3位でチェッカーを受けたヒストリーを持つ。

余談だが860モンツァ時代には1956年のミッレ・ミリアでピーター・コリンズと著名なレース写真家であるルイス・クレマンタスキーが組んで参加し、総合2位を勝ち取るとともに、この時に数多くの名作が撮影されている。

1957年8月にアメリカのプライベーターに放出されるが、12月のナッソー・メモリアル・トロフィではスターリング・モスが乗り見事優勝を果たす。

それから1960年代初頭まで現役で活躍を続け、その後はコレクターのガレージに収まった。前オーナーがコレクションに加えたのは2011年のことである。

フェラーリ・クラシケでフルレストア

2015年にはフェラーリ・クラシケでフルレストレーションが行われ、1957年のセブリング12時間レースに参戦した時のスタイル/マーキングと当時そのままのスペックに戻された。完成後はフェラーリの歴史を語る上で欠かせない1台だけに、2016年から2017年にかけてマラネッロのムゼオ・フェラーリとモデナにあるエンツォ・フェラーリ・ミュージアムで展示された。

フェラーリ・ワークスカーとしての素晴らしいレーシング・ヒストリー、フェラーリ・クラシケでフルレストレーションを行い状態は完璧。こうした条件が揃い、世界中のコレクターから注目を集めたこの1台。競り合いが続き、最終的に2200.5万ドル/24億8657万円で落札された。

ここにきて沈静化しているコレクターズカ―・オークションだが、「本物」はちゃんと評価されることは変わっていないようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2018/12/25 22:22

    違反報告

    こういう、マニアでないと知らないヴィンテージ・フェラーリのオークション価格が
    公表されて嬉しい。
    たいていはフェラーリ250GTOしか掲載されてこないから。
    案の定、とんでもない落札額だなあ。
    希少性、レースでのヒストリー等を考慮すれば当然か。
    ヴィンテージカー市場はやや落ち着いてても、やはり、さすがはフェラーリ、
    ずば抜けている。
  • sph*****|2018/12/25 16:22

    違反報告

    世界最速ロードレーサー=サイクリングステーション!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します