現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 都営バス、フルフラットバスを導入…後方にある段差を解消

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.24

都営バス、フルフラットバスを導入…後方にある段差を解消

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都交通局は、バリアフリーを追求するため、12月25日から、車内の通路後方にある段差を解消した「フルフラットバス」を日本で初めて営業運行する。

フルフラットバスは、高齢者をはじめ、誰もが車内後方まで移動しやすくなるとともに、前方での混雑が緩和され、快適通勤にも寄与することが見込まれる。従来のノンステップパスは、機器を床下に搭載するため、車体後方の床面に段差ができていた。新型は機器のレイアウトを工夫することにより、車内のほぼ全長にわたってフラットとなる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

導入する路線は都02系統・大塚駅~春日駅~御徒町駅~錦糸町駅。バスはスカニア製で定員74人。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • el1*****|2018/12/24 08:26

    違反報告

    こういう所、国産メーカーはどうなんだろう?
    態々スカニアを導入するくらいだから、国産は一歩遅れてるのかな。。。
    大型トラックもスカニアのスリーパーがかなり良いみたいですし、国産より遥かにドライバー本位な開発がされていてしっかり製品にフィードバックされているなと感じます。
  • mat*****|2018/12/24 21:45

    違反報告

    初期の国産ノンステもこのタイプだったけど、車輛価格や保守性に難があり階段型が普及した、小型ノンステや二階建ても需要はあるのに価格が折り合わず国内メーカーは撤退し、無理矢理な作りのポンチョと輸入車のスカニアだけに…。
    国内じゃバスの需要もあり作る技術自体はあっても高いから売れないんだよね…。
  • cav*****|2018/12/24 07:50

    違反報告

    後はタイヤのところの改良だけだな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します