現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ5チャンネル時代の大いなる遺産、クロノスファミリーの異端児MX-6

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.20

マツダ5チャンネル時代の大いなる遺産、クロノスファミリーの異端児MX-6

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ、アンフィニ、ユーノス、オートザム、オートラマ…と、バブル期のマツダ5チャンネル展開が見事にコケたのは知っての通り。その諸悪の根源…と言われるのが、1991年発売のクロノスだ。これにはテルスター/同TX-5、MS-6、MS-8、クレフと、マツダの人間すら把握できてなかった(!?)であろう派生モデルが存在するけど、そんなクロノスファミリーにおける異色の存在が2ドアスペシャリティのMX-6だ。

5速MTで乗れる唯一のKL-ZE搭載車 その走りはまぎれもないスポーツクーペ

    新型スズキ・スペーシア ギア発売! SUVテイスト満点の軽ハイトワゴン

 クロノスファミリーの中で、ちょっと毛色の違うモデルがMX-6。他が4ドアセダン、もしくは5ドアハッチバックボディであるのに対して唯一の2ドアクーペだからだ。
 1992年にマツダブランドから発売されたMX-6は、伸びやかで躍動感溢れるエクステリアデザインにまず目がいく。全幅が1750mm、前後トレッドはクロノスシリーズ共通の1500mmだけど、全高が1310mmと低く抑えられているため、力強く安定したスタンスを見せてくれる。さらに、クルマを真横から見た時のルーフからリヤエンドにかけてのラインは飽きずに眺めていられるほど美しく、細いピラーと広いガラスエリアも相まって、エクステリアに置けるハイライトだと思う。
 そのノーズに横向きで収められるV6エンジンは2ℓのKF-ZE型(160ps/18.3kgm)と2.5ℓのKL-ZE型(200ps/22.8kgm)。いずれも5速MTと4速ATが用意されるけど、実はKL-ZE型に5速MTという組み合わせは、クロノスファミリーにおいてMX-6だけだったりする。最もクルマの性格を考えれば、2ℓモデルならまだしも、2.5ℓモデルの大半は4速ATだったはず。そんな状況にも関わらず、明らかに少数派の5速MT車を今回取材できたのはホントにラッキーだ。
 運転席に腰を下ろすと、思った通り座面とフロアが近く、低いアイポイントも足を前に投げ出すポジションも完全にスポーツカーのそれ。2.5ℓの排気量から繰り出されるトルクは2000rpm以下でも余裕しゃくしゃくで、1→3速とか2→4速とかギヤを飛ばして走っても、まるでストレスを感じない。4速ATとはまるで印象が違う。
 しかも、積極的にアクセルを踏み込んでくと、今度はスポーティユニットに変身するんだからたまらない。おいしいのは4000rpm以上。そこからレッドゾーンが始まる7000rpmまで明確なパワーの上昇を伴いながら、タコメーターの針が勢いを増して駆け上がっていくのだ。それも軽く、スムーズに。
 スペックを額面通りに受け取って200psで車重1200kgなら、パワーウエイトレシオは86/BRZを凌ぐし、そもそも排気量が2.5ℓある。だったら、「これは速い!」と感じたことにも納得だ。さらに、ハンドリングもゴキゲン。ワイドトレッドに4WS効果もあって鼻先が機敏に向きを変えていく。いや、むしろ曲がりすぎるくらい。
 カッコだけのスペシャリティクーベかと思ってたら、走りも侮れなかったMX-6。クロノスファミリーで一番のめっけもんは間違いなくコイツだ。

車両型式:GE5B
全長×全幅×全高:4610×1750×1310mm
ホイールベース:2610mm
トレッド F/R :1500/1500mm
車両重量:1200
エンジン型式:KL-ZE
エンジン形式:V6DOHC
ボア×ストローク:φ84.5×74.2mm
排気量:2496cc
圧縮比:10.0:1
最高出力:200ps/6500rpm
最大トルク:22.8kgm/5500rpm
トランスミッション形式:5速MT
サスペンション形式(F/R):ストラット/ストラット
ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ:FR205/55R15

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • qqv*****|2018/12/20 23:47

    違反報告

    この車、初めて見たのは真横から写真だったが、すごくカッコ良く見えた。
    ただその後、前や後ろから見たが、「あっ。これなんか違う。」と思った記憶がある。というか2.5Lもあることなど、この記事を見て初めて知った。
  • hir*****|2018/12/21 03:22

    違反報告

    これ車の姉妹車が、当時の親会社だったフォードのプローブ。
    フェラーリ456GT似のデザインって思ったら、プローブ(後期)の方が先に販売されており驚いたものです。
    デザインの面では、MX-6よりプローブの方が好きでした。
  • cyg*****|2018/12/21 00:01

    違反報告

    FF・・・
    比べるなら、86/BRZではなく、当時の三菱FTOじゃないの?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します