現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ キャロル、歩行者検知対応の衝突被害軽減ブレーキなど安全性能を強化

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.20

マツダ キャロル、歩行者検知対応の衝突被害軽減ブレーキなど安全性能を強化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは、軽自動車『キャロル』を一部改良し、12月20日より販売を開始した。

今回の改良では、昼間の歩行者検知機能を追加した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を含む安全装備を「GL」「GS」「GX」にて採用したほか、後退時の安全にも配慮した「後退時ブレーキサポート」と誤発進抑制機能[後退時]も追加。また、走行時の車線逸脱警報機能とふらつき警報機能、夜間時のハイビームアシスト機能、駐車時のリアパーキングセンサーを新たに採用した。

また「GF」には、約55km/h以上で走行中に急ブレーキを検知すると、ハザードランプが自動で高速点滅し後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を新たに採用した。

そのほか、インテリアのパネルカラーとシート表皮カラー変更、その他一部意匠を変更。「GS」「GX」は、ディスチャージヘッドランプ(+オートライトシステム)を採用した。

価格は84万7800円から121万5000円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します