現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ミニ・ジョン・クーパー・ワークス WLTP対応、2019年型JCWが英国発表

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.20

ミニ・ジョン・クーパー・ワークス WLTP対応、2019年型JCWが英国発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニJCW WLTPとユーロ6d対応へ

ミニが、2019年型ミニ・ジョン・クーパー・ワークス(JCW)の3ドア・ハッチバックとコンバーチブルを公開した。排ガス規制の「ユーロ6d-TEMP」や「WLTP」に適合するためのフィルターを新たに装備している。

    『ミニ・ジョン・クーパー・ワークス』すべての画像をみる

厳しい規制や基準に対応したが、2.0ℓ直列4気筒ツインターボ・エンジンのパフォーマンスに変更はない。234psを出力し、ハッチバックの0-100km/h加速は6.3秒となっており、コンバーチブルは6.6秒となる。

6速MTモデルの3ドア・ハッチバックではCO2排出量が158-175g/km、コンバーチブルは同162-161g/km。8速ATモデルは、ハッチバックが同142-140g/km、コンバーチブルが148-145g/kmまで低減している。

ミニはエグゾースト部分に新しく設置されたフィルターについて、「特徴的なサウンドをクルマの内外に響かせる」としている。

JCW 標準装備がアップデート

英国仕様における標準装備も充実され、17インチ・アルミホイール、エクステリアとインテリアのブラックカラートリム、本革バケットシートなどが選択可能となっている。どちらのボディ形状でも、追加コストは発生しない。

さらにスポーツ・サスペンションとスポーツ・ブレーキも標準装備される。また、他の英国仕様のミニと同じようにLED式の前後ライト、オートマティック・ヘッドライト、雨滴センサーが標準搭載となった。

新しくなった英国仕様のJCWハッチバックとコンバーチブルは来年1月18日より予約が始まり、3月から生産が開始され、4月までには納車が開始される。

諸経費を含む値段はまだ判明していないが、英国での車両本体価格はハッチバックが2万4480ポンド(347万円)、コンバーチブルが2万8140ポンド(399万円)となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します