現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ジャガーXFスポーツブレークに試乗 良質 英国の伝統をモダン解釈

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.20

ジャガーXFスポーツブレークに試乗 良質 英国の伝統をモダン解釈

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー わかりやすい「ギラリ」と無縁
ー ドライバーズシートに収まると
ー ジャガーだけに許された「滋味」
ー ハンターや愛犬家でなくても
ー ジャガーXFスポーツブレークのスペック

    『ジャガーXFスポーツブレーク』すべての画像をみる

わかりやすい「ギラリ」と無縁

リアからのアングルはむしろ、ほっそりとスリーク。だが前から眺めるとグリルは立っているものの、フェンダーラインが今どき珍しく前下がりにスラントするので、その張り出しが強調されている。

このワイドさを感じつつ、下寄りに付いたヘッドライトと目が合った時、そのプロポーションから何となくCタイプを思い出した。

何よりXFスポーツブレークはちゃんと「ジャガーであること」を主張する。リアに向かって長く伸びるクオーターウインドウや2960mmものホイールベース長も手伝って、サイドビューも優美だ。

10数年前、レトロ過ぎるしジャガーらしからぬと批判されたXタイプのエステートより、ずっと伸びやかで、モダン・カントリージェントルマン然とした外観デザインは、なかなか好感がもてる。

ドライバーズシートに収まると

試乗したのはエレガント志向の「プレステージ」の方で、これとは別に19インチが標準でバンパー形状なども異なるスポーツ志向の「Rスポーツ」もある。

Eセグという車格とジャガー・ブランドのブレークとしては、個人的にはプレステージの方がバランスのいい選択肢と思える。

ドライバーズシートに座ると、水平基調のダッシュボードと幅広のセンターコンソールに、好ましい落ち着きとゆとりを感じられる。

オフホワイトのレザーの仕上げは視覚的にも質が高いが、ひとつ残念なのは、センタートンネルがハードプラスティックである点だ。膝頭の外が触れやすい部分だけに、ここは柔らかな素材で包んで欲しかった。

ステアリングやペダル配置といったエルゴノミー面は、さすが右ハンドル仕様の出来に瑕疵はない。

イグニッションONでせり上がってくるダイヤル式のATシフトセレクタに、少し面食らうものの、使い勝手は明らかだし、時計回りにDをセレクトして、走り出す。

ジャガーだけに許された「滋味」

ガソリンの直列4気筒2ℓターボ、インジニウムエンジンは250ps/5500rpmに37.2kg-m/1300-1500rpmと、かなりの低回転域から最大トルクを吐き出すタイプ。

1810kgのボディは決して軽いとはいえないが、その加速感はジャガーとして適切な鷹揚さと力強さを実現しているといえる。

8速ATのシフトスケジュールも、素早く繋いで切れ目なく加速させるというより、クルーズ中のペースやリズムの変化に滑らかさについていくのが得意という雰囲気だ。

キックダウンした刹那にパワーが炸裂するというより、リアを少し沈ませ加速していくまで僅かな拍があったり、高速巡航時の柔らかな乗り心地には、やはりジャガーならではの優雅で力強いマナーを認めることができる。

速度を増すほどに直進安定性が増す感覚は、ロングホイールベースというだけではない。前輪のキャスター角が相当に立てられて効いているのだろう。

加速や巡航時におけるパワートレインの柔らかい力強さと、雑味のないステアリングのタッチは、大型のFRとして模範的といえる。

ハンドリングについても、柔らかなストロークとロール感は鷹揚ながら、ステアリング操舵に応じて俊敏さを増すという、魅力的な矛盾を秘めている。

2ℓエンジンによるノーズの軽さと、巧みなボディ剛性コントロールが、高い次元で両立している。そこがサルーン同様、XFスポーツブレークのモダン・ジャガーとしての資質だ。

ハンターや愛犬家でなくても

ちなみにサルーンと異なるスポーツブレークならではの特徴として、ラゲッジスペースにも見るべき点が多々ある。

リアハッチゲートを開けるとフロアの両端には、本格的に使いやすそうでヘビーデューティーな、スライドレール式フックが備わっている。

またトノカバーとは別に、ラゲッジスペースと後席を仕切る、ロール収納式ネットを標準で備えている。

これはブレーキング時に背の高い荷物が雪崩れ込むのを防ぐだけでなく、猟犬を積むことが前提のシューティングブレークでは、あって然るべきディティールだ。

4ドアであること、恐らくはメルセデスがCLSのワゴン版をそう名づけてしまったことで、敢えて「シューティングブレーク」とは謳わないジャガーだが、ハンターや愛犬家でなくてもニヤリとさせられる「正統ディティール」という訳だ。

ハンティングだけがゲームではない現代に合わせてアップデートされた、「遊ぶ」ためのブレークだからこそ、本気の造り込みを感じさせる。この意味でXFスポーツブレークは英国車らしいブレークの最新解といえるだろう。

ジャガーXFスポーツブレークのスペック

■価格 677万円
■全長×全幅×全高 4965×1880×1455mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費 12.4km/ℓ
■CO2排出量 –
■車両重量 1760kg
■パワートレイン 直列4気筒1995ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 250ps/5500rpm
■最大トルク 37.2kg-m/1300-1500rpm
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 南陽一浩)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します