現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 進化版「MBUX」搭載か?メルセデス CLAシューティングブレーク 新型、室内を激写

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.20

進化版「MBUX」搭載か?メルセデス CLAシューティングブレーク 新型、室内を激写

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツ『Aクラス』ファミリーのスポーツワゴン、『CLAシューティングブレーク』新型プロトタイプを豪雪の北ヨーロッパでカメラが捉えた。未だ厳重なカモフラージュだが、その内部を初めて撮影することに成功した。

コックピットは、Aクラスに似た10.25インチデュアルスクリーン、フルデジタル・インストルメントクラスタ、高度インフォテインメントシステムを装備している。メルセデスベンツは、2019年1月のCESでベースとなる『CLAクーペ』新型を初公開するが、同時に「MBUX」進化版を発表すると見られており、それを搭載している可能性がある。最新バージョンでは、自然対話型音声認識機能を備えたボイスコントロールや人工知能による学習機能が向上するはずだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

パーキングカメラには、後部の様子が写されているが、3つの異なるモードがあり、視野角が変わる可能性がある。カメラはスリーポインテッドスターのロゴ下に取り付けられており、雨や雪の中での視界を確保する。

開発車両には、フェイクのプラスチックパネルは無く、生産型ヘッドライトやテールライトを装着。市販型プロトタイプと見ていいだろう。大きく進化するリアエンドにも注目したい。現行モデルより、開口部が大きく修正されており、使い勝手が向上するはずだ。

テールライトは、内に向かって絞られるスポーティなデザインを採用し、テールゲートに一部が食い込んでいる形状が確認できる。またナンバープレートはテールゲートからリアバンパーに移動されるなど、大刷新されている。

予想されるパワートレインは、ルノー日産三菱アライアンスと共同開発した、新型直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンだ。また頂点のAMGには、最高出力400psへ向上すると見られる『CLA45シューティングブレーク』のほか、新たに最高出力306psを発揮する『CLA35シューティングブレーク』の設定が期待される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します