現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 52台限定のフェラーリ、出品へ なぜ高額? 最高予想価格3100万円越えのワケ

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.19

52台限定のフェラーリ、出品へ なぜ高額? 最高予想価格3100万円越えのワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特別な1台

レアで、V12エンジンを搭載し、フェラーリのバッジがついてる。買わない理由があるだろうか?

    『52台限定のフェラーリ出品車』すべての画像をみる

この1970年型フェラーリ365GT 2+2は絶対に注目を集める1台で、来月開催されるシルバーストン・オークションズ・オートスポーツ・インターナショナルにて落札できたラッキーなひとは必ずや満面の笑みで会場を後にするだろう。

しかも驚くべきはその美しいコンディション。約20年もの間、前のオーナーのガレージにて大切に保管されていたのである。

このクルマは速いだけでなく、後ろにふたり載せることが可能だ。後部座席に乗せるひとは背が低い友人か子供が絶対に望ましいだろう。

この365GT 2+2は落札予想価格が190ポンド(2万6990円)から22万ポンド(3125万円)となっているが、その高い予想価格にもキチンとした理由がある。この1台こそ、52台しか生産されなかった右ハンドルモデルで、最近2万ポンド(284万円)を掛けてエンジンのオーバーホールも行なっている。

搭載されているエンジンは324bhpを出力する4.4ℓV型12気筒エンジン。5速マニュアルトランスミッションを搭載し、最高速度は241km/h、0-97km/h加速は約7秒だ。

その性能に見合う足回りとして、コニ製ハイドロニューマティック・サスペンションや、ガーリング製ベンチレーテッド・ディスクブレーキなどを搭載している。

完成された美しさ

すべてがオリジナルの状態で、ボディカラーのアッズーロ・ヒュペリオンだけが再塗装されている。それ以外はボッラーニ製のホイールなども含め、どこも変わっていない。

内装は青系の花浅葱色に染められた本革で仕立て上げられており、状態も良好だ。ナルディのステアリングが木目調のアクセントを加え、雰囲気を完成させている。クルマにはフェラーリ純正の本革で作られた財布とハンドブックが付属する。

「美しくて速いこのフェラーリは、運転する者に1960年代の完璧なイタリアンGTエクスペリアンスをもたらします」とシルバーストン・オークションズのクラシックカー・スペシャリスト、ジョー・ワッツは語る。

「ピニンファリーナによって完成されたデザインと、エンジンとハンドリング性能によって実現されたパフォーマンスによって365GTはスタイルとクラスの両面でその頂点に君臨しました」とも説明する。

ワッツはさらに「オリジナルの状態で保たれたこの1台は走りも大変良く、現存する同じモデルの中でも一番程度が良いでしょう。クラシックな4シーターがもたらす美術は同じ2シーターのモデルよりも大きな機会を持ち合わせています」と加えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します