現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 登場 ポルシェ718ケイマンT/718ボクスターT 2ℓフラット4搭載 走りと快適性追求

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.19

登場 ポルシェ718ケイマンT/718ボクスターT 2ℓフラット4搭載 走りと快適性追求

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 「T」は「ツーリング」の頭文字
ー 走りに関係する「718 T」の変更点
ー 視覚的な「718 T」モデルの変更点

    『ポルシェ718ケイマンT/718ボクスターT』すべての画像をみる

「T」は「ツーリング」の頭文字

ポルシェは「718ケイマンT」ならびに「718ボクスターT」を発表した。

搭載するエンジンは2.0ℓ水平対向4気筒ターボ(300ps)で、6速マニュアルを組み合わせる。オプションでPDKも選択可。

最大トルクは28.6kg-mで、0-100km/hタイムは5.1秒。最高速は275km/hに達する。車重は1350kg。「718ケイマンS」「718ボクスターS」に比べて車高は20mm下がる。

「T」は「ツーリング」の頭文字であるとポルシェは明言しており、「ダイナミックなパフォーマンス」を求めるクルマに、この「T」をつけているのだという。

では、何をもって「ダイナミックなパフォーマンス」モデルなのか。具体的な変更点とともに探っていこう。

走りに関係する「718 T」の変更点

アクティブ・エンジンマウントにくわえ、ギアボックスのマウントも変更されている。これは「正確性とステビリティを高めるため」とのことである。

また、機械式のデフロックをリアに備えた、トルク・ベクタリングを組み合わせる。

6速マニュアルの場合、ストロークはショートになっており、グレーのアロイホイールは20インチに。スポーツクロノ・パックは標準で備わる。

視覚的な「718 T」モデルの変更点

ミラーのハウジングの色が異なり、ドア下部には「718 Boxster T」あるいは「718 Cayman T」とレタリングが付記される。

マフラーの出口は2本となり、クローム処理がなされる。「スポーツエグゾースト」が標準で組み合わされるのである。

ドア内張りに備わるドアノブは従来の硬質なパーツからベルト状のものに取って代わり、軽量であることとスポーティネスを表現。

軽量化のため、インフォテインメントの部分は小物入れになっているのが標準の仕様。無償にてインフォテインメントを選べる。

シートはヘッドレストの部分に「718」と刺繍された2ウェイ調整式となり、ステアリングは直径360mmの「GTスポーツステアリングホイール」が標準。

メーター内にも「Boxster T」あるいは「Cayman T」のロゴが配される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します