現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マイナーチェンジでプリウスのデザインはこう変わった!

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.17

マイナーチェンジでプリウスのデザインはこう変わった!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内外装が一新されたプリウス。どこがどれだけ変わったのか、新旧モデルを並べて比較してみよう。

 本日12月17日に発表されたマイナーチェンジで、前後のライトまわりなど内外装のデザインが大きく変更されたプリウス。まずはエクステリアを見比べてみる。

    プジョー308が新設計の1.5ℓクリーンディーゼルを搭載〈Peugeot 308〉

 全長×全幅×全高はマイナーチェンジ前の4540mm×1760mm×1470mm(4WDモデルは1475mm)から4575mm×1760mm×1470mm(4WDモデルは1475mm)となった。全長のみ35mm長くなっている。ちなみにホイールベースは2700mmで変化なし。

 歌舞伎の隈取を思わせたヘッドライトや、大胆に上下に流れるテールランプの形状はガラッと変わったことがわかると思う。全幅は変わっていないが、特に前から見た時はワイドになったような印象が漂う。



 ちなみに、2017年2月に発表されたプリウスPHVのエクステリアはこちら。PHVの全長×全幅×全高は4645mm×1760mm×1470mmで、マイナーチェンジ後のプリウスよりもさらに70mm全長が長い。複雑な形状のラウンドしたリヤゲートウインドウもPHVの特徴だ。



 インテリアを見てみよう。こちらは基本デザインは変わっていないのだが、マイナーチェンジ前の特長だった白い陶磁器風のトレーがブラックになったことが大きな違いだ。

 ちなみに、プリウスPHVと同じ縦型の大型ナビディスプレイが用意されているが、これは昨年の一部変更でマイナーチェンジ前のモデルでも選択が可能だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tgp*****|2018/12/18 12:40

    違反報告

    この車種がというより、メーカーの車のデザインに対する価値観や基本的な方向性を抜本的に見直して欲しい。

    キーンルックの完全な撤廃。これをやる前の方が全然良かったから。
    そしてフェイス周りの統一化も今のデザインでは統一して欲しくない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します