現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ、ヴェゼルにパワフルなターボエンジンを追加 高出力化でライバルと差別化か

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.17

ホンダ、ヴェゼルにパワフルなターボエンジンを追加 高出力化でライバルと差別化か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは12月14日、コンパクトSUV「ヴェゼル」に、新たに1.5リッターターボエンジンを搭載した新グレードを追加し、来年1月31日に発売すると発表した。

新グレードの「ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング」は、同モデル初となる1.5リッターVTECターボエンジンを搭載する。国内では初搭載だが、海外仕様のモデル(HR-V)には一足先にターボエンジンの設定が明らかにされており、そちらは最高出力182psを発生する。

    ホンダ ヴェゼルに追加のツーリングは欧州仕様がベース。乗り味はどう違う?

最近は、SUVの競争の激化に伴い、パワートレインのバリエーションを増やして、個性を打ち出したモデルが増えてきている。このクラスだとライバルのトヨタC-HRは1.8リッターハイブリッド(122ps)に加えて1.2リッター直噴ターボ(116ps)を、マツダCX-3は2リッターガソリン(150ps)と1.8リッターディーゼルターボ(116ps)を用意。ハイブリッド車やディーゼル車など低燃費志向のモデルが人気だが、それに加えて走りを積極的に楽しめるモデルも用意し、幅広い層を取り込もうとする狙いがみられる。

ヴェゼルはこれまで1.5リッターハイブリッド(152ps)と1.5リッターガソリンエンジン(131ps)を用意してきたが、新エンジンが仮に海外仕様と同じだとするとスペックではシリーズ最強となり、ライバルと比べても飛び抜けた存在となる。

またヴェゼル ツーリング・ホンダセンシングは、内外装デザインも従来モデルと差別化され、ブラックのヘッドライトガーニッシュや、左右2本出しのマフラー、ウルトラスエードを用いたシートが奢られるブラウンカラーのインテリアが設定されるなど、ワンランク上の仕様となる見通しだ。ボディカラーには新色として「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」と「スーパープラチナグレー・メタリック」も設定される。

ヴェゼルはこれまでに36万台が販売されたホンダのヒット車種。最近は販売面ではトヨタC-HRに押され気味だが、新グレードの追加によりさらなる人気の獲得を狙う。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します