現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ スープラ 新型、量産第一号車オークションは1月19日 マットグレー+レッドレザー仕様

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.14

トヨタ スープラ 新型、量産第一号車オークションは1月19日 マットグレー+レッドレザー仕様

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車の米国部門は12月13日、新型『スープラ』(Toyota Supra)の量産第一号車を2019年1月19日、米国アリゾナ州で開催されるオークションにチャリティ目的で出品すると発表した。

新型スープラの量産第一号車は、ワンオフモデルになる。ボディカラーはマットグレーで塗装し、ホイールもマットブラックで仕上げる。ドアミラーカバーは赤として、アクセント効果を追求する。インテリアには、赤いレザーを採用し、カーボンファイバー製のエンブレムが装着される。

    スープラ・多田CEが語る、4気筒の魅力、MTがない理由、ドリフトしにくい理由

また、車体番号「20201」となる予定。なお、新型スープラは2019年1月、デトロイトモーターショー2019でワールドプレミアされる。米国では2020年モデルとして、2019年上半期に販売を開始する。

この新型スープラの量産第一号車が2019年1月19日、米国アリゾナ州で開催される「バレット・ジャクソン」オークションに出品される。売り上げの全額が、アメリカ心臓協会とボブ・ウッドラフ財団に寄付される、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します