現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW伝統の「アレ」の行方は? 3シリーズツーリング 次期型に大接近!

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.13

BMW伝統の「アレ」の行方は? 3シリーズツーリング 次期型に大接近!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWの中核を担う『3シリーズ』の派生ワゴン『3シリーズツーリング』次期型プロトタイプに大接近!鮮明な撮影に成功した。

セダンと同じデザインであるからか、フロントエンドは無防備に露出している。それとは裏腹に、リアはガッチリとカモフラージュされている。L字型テールライトの一部やルーフスポイラーが確認できるが、やはり気になるのが、リアクォーターウィンドウのデザインだ。

    BMW 7シリーズが化粧直しでX7風の迫力顔に。中国好みのテイストも

今回のクローズアップ写真からは、リアクォーターウィンドウの「角」が完全に隠されていることがわかる。以前お伝えした通り、次期型では角がキックアップされている、BMW伝統のアイデンティティ「ホフマイスター・キンク」処理がされないという噂は本当なのだろうか。その可能性は低いとは思うが、このカモフラージュが疑念を抱かせる。

次期型では、「CLAR」プラットフォームを採用し、現行モデルから50kg以上の軽量化が図られるほか、ホイールベースが延長、フットスペースとラゲッジスペースも拡大など実用性が大幅に向上すると見られる。

パワートレインは、最高出力184psと258psを発揮する2リットル直列4気筒ターボガソリンエンジンや、最高出力150psと190psを発揮する2リットル直列4気筒ディーゼルエンジン、最高出力387psを発揮する3リットル直列6気筒を搭載する『M340i』、2リットル直列4気筒+電気モーターのPHVなどのラインアップが予想される。

また航続距離278マイル(450km)の『30e』、航続距離341マイル(550km)以上と思われる『40e』の2種EVモデルも期待されている。

ワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力だが、近々「ホフマイスター・キンク」の行方も判明するはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します