現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 祝! 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞 ボルボXC40とメルセデス・ベンツGLAのサイズを比較

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.11

祝! 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞 ボルボXC40とメルセデス・ベンツGLAのサイズを比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の“顔”となるクルマを決める日本カー・オブ・ザ・イヤー。今年度はXC40が選ばれ、2年連続でボルボが受賞するという快挙を成し遂げた。そんなXC40に代表されるクロスオーバーSUV、なかでもコンパクトなモデルには特に勢いがある! ということで、ライバル筆頭に挙げられるメルセデス・ベンツGLAとサイズ比較を試みた。

 ひと昔前のSUVは大きくて威圧感があるモデルばかりだったが、世界的なSUV人気の高まりとともに、各メーカーが様々なモデルを競って開発するようになった。今では街中での使い勝手に優れたコンパクトなモデルが多く生まれ、人々の支持を得ている。
 そんなジャンルにボルボが投入したモデルが、XC40だ。欧州カー・オブ・ザ・イヤーに続き、日本でもカー・オブ・ザ・イヤーを獲得した実力に疑いの余地はなく、ボルボのエントリーモデルとして大きな存在感を放っている。
 そして、ひと足先にメルセデス・ベンツが投入し、同カテゴリーで人気を得ているモデルがGLAだ。Cクラスをベースとしたスマートさと、武骨なGクラス譲りのテイストを持ち合わせ、街中で見かける機会も多いことだろう。
 今回比較するのは、いずれもAWD仕様となるボルボXC40 T4 AWD インスクリプションと、メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC。それぞれの特徴を、数値から見ていこう。

    使い勝手に優れるのはどっち? フォルクスワーゲン・アルテオン vs. アウディA5スポーツバック VWグループのミドルラージ5ドアクーペ サイズ比較

ボルボXC40 T4 AWD インスクリプション 全長×全幅×全高:4425×1875×1660mm ホイールベース:2700mm

メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC 全長×全幅×全高:4430×1805×1505mm ホイールベース:2700mm

 ホイールベースは全く同じで、全長もほぼ変わらない。しかし、全幅と全高は大きく異なっており、GLAがコンパクトに設計されていることが分かる。
 特にここ日本の都市部では、機械式立体駐車場に入庫できるかどうかということが指針のひとつになる。その点、GLAは日本の事情に合っており、ユーザーにとってはうれしいサイズに収められていると言えるだろう。

ボルボXC40 T4 AWD インスクリプション 全幅:1875mm トレッド:フロント1600/リヤ1625mm

メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC 全幅:1805mm トレッド:フロント1555/リヤ1545mm

 両者の差は70mmと大きく、ここだけ見るとXC40は“コンパクト”とは言い難い。とはいえ、標準装備される360度ビューカメラなどにより、しっかりとサポートされている。一方のGLAは、あまり気を使うことなく運転できる全幅に抑えられており、サンデードライバーにも優しい。

ボルボXC40 T4 AWD インスクリプション 最小回転半径:5.7m

メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC 最小回転半径:5.7m

 XC40にはグレードごとに17から19インチのタイヤ・ホイールが標準装備されているが、いずれも最小回転半径は同じ。GLAも同じく17から19インチのタイヤ・ホイールが標準装備され、最小回転半径はXC40と同じ5.7mとなっている。

ボルボXC40 T4 AWD インスクリプション 荷室容量:460ℓ

メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC 荷室容量:421ℓ

 全幅、全高の数値差通り、XC40の方が広い荷室を有する。なお、いずれも後席は6:4の分割可倒式となっており、自由に荷室を拡大することが可能だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 古川裕)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します