現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ ハイゼット カーゴ、MT車にもスマアシIIIを標準装備 軽商用車全車への搭載完了

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.10

ダイハツ ハイゼット カーゴ、MT車にもスマアシIIIを標準装備 軽商用車全車への搭載完了

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは、軽商用車『ハイゼット カーゴ』を一部改良、MT車にも「スマートアシストIII」を標準装備するなど、安全性を高め、12月10日から販売を開始した。

ハイゼット カーゴは、使い勝手の良さや高い積載性を実現したキャブバンタイプの商用車。2017年11月のマイナーチェンジで、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」をAT車に採用し、軽商用車で初めて歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキなどを搭載した。

    【東京オートサロン2019】ダイハツは市販予定のコペン クーペや往年のレースカーP-5をはじめ、軽自動車、小型車のカスタムコンセプトカーを展示

今回の改良では、従来のAT車に加え、MT車にもスマートアシストIIIを標準装備(スペシャル、デラックスを除く)し、安全性能を向上させた。併せてスマートアシストIII搭載車には、左右後方の障害物を検知して警告音で知らせるコーナーセンサー(リヤ)やVSC(横滑り防止装置)&TRC(トラクションコントロール)、エマージェンシーストップシグナルなどの安全装備、IRカットガラス(フロントウインドゥ)、トップシェイドガラス(ブルー)などの快適装備を採用。また、ハイゼット カーゴ特装車の「デッキバン」や「2シーター系車種」などのMT車にも同様にスマートアシストIIIを搭載した。

価格は93万4200円から149万5800円。

ダイハツは、乗用車だけでなく、商用車へもスマートアシストの搭載を拡大し、2017年にはハイゼット カーゴのAT車にスマートアシストIIIを、2018年には『ハイゼット トラック』に「スマートアシストIII t」を搭載。今回の一部改良にて、すべての軽商用車ラインアップにスマートアシストの搭載を完了した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します