現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・カローラ・ツーリング・スポーツ 英仕様、邦貨換算326万円~

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.4

新型トヨタ・カローラ・ツーリング・スポーツ 英仕様、邦貨換算326万円~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーリスはカローラへと進化

今年のパリ・モーターショーで発表されたカローラ・ツーリング・スポーツは、ハッチバックのスタイリングを変更したモデル。ホイールベースは、ハッチバックに比べて60mm延長されており、車内空間も広くなっている。

    実車 トヨタ、新型カローラ・ツーリング・スポーツ パリ・ショーで公開

ベースグレードの1.2ℓ 5MTモデルの価格は2万2570ポンド(326万円)で、1.8ℓハイブリッドCVTモデルは2万5020ポンド(361万円)で英国販売される。

Bi-Beam LEDヘッドライトやキーレスエントリー、スポーツ仕様のシート、本革仕様インテリアなどを装備した最上級グレードの「エクセル」は2万8615ポンド(413万円)となる。

搭載されるパワートレインはカローラ・ハッチバックと同じラインナップの1.2ℓターボ、1.8ℓハイブリッド、2.0ℓハイブリッドという顔ぶれだ。

洗練されたデザインと実用性

Cピラーより前はカローラ・ハッチバックとデザインをほぼ共有。Cピラー以降は後ろ上がりのショルダーラインとワイドになったフェンダーを引き立たせる。

スロープしたルーフラインと特徴的なリアウインドウのデザインが、カローラ・ツーリング・スポーツをよりシューティングブレーク風に印象づけている。

インテリアではホイールベースを60mm拡大して2700mmにして快適性を確保。598ℓの大容量を実現したトランク容量はシート非収納時のもの。競合のセアト・レオンSTよりも良い数値だ。

カローラ・ハッチバックにはない内装装備としてヘッドアップディスプレイやJBLのスピーカーシステム、各種デバイスへのワイヤレス充電機能などを備えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rex*****|2018/12/04 18:42

    違反報告

    326万~なら妥当な価格帯。
    タダ高いと主張する人は、カローラを買うつもりも無いのに、トヨタだからカローラだからという理由で叩きたい人なのだ。
    カローラは長い歴史が有るのにずっと端に追いやられてた。カローラはクラウンと共にトヨタの顔だ。それをもう一回再生させて、大切にすることのなにが悪い!
    虚しい人は放っておけば良い。
  • el1*****|2018/12/04 17:43

    違反報告

    これまでのカローラとして見ると確かに高い。
    が、、、日本ではアベンシスの事実上の後任だし、トヨタブランドとして国内ではステーションワゴンはこれだけになるなら止むを得ずといったところかな。
    レヴォーグと競合させるならネーミングは変えないと流石に厳しそうだけど。
  • prg*****|2018/12/04 20:11

    違反報告

    カローラだから余計に高く感じる新車種として売ればいい

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します