現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 718ケイマンGT4クラブスポーツ/eレース ポルシェ・ジャパン、2019年モータースポーツ活動

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.3

718ケイマンGT4クラブスポーツ/eレース ポルシェ・ジャパン、2019年モータースポーツ活動

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ポルシェ 2019年のモータースポーツ活動
ー 「ポルシェEレーシング・ジャパン」開催も

    ポルシェ なぜ911は「変わらない」のか AUTOCAR英編集部の考え

ポルシェ 2019年のモータースポーツ活動

ポルシェ・ジャパン代表取締役社長の七五三木敏幸が2018年11月30日、2019年のモータースポーツ活動を発表。

ポルシェ・カレラ・カップ・ジャパンに代表されるサーキットプログラムに加え、リアルサーキット以外での新たなレースカテゴリーとなるポルシェのワンメイクレースのスタートが告知された。

まず七五三木敏幸が「ポルシェのDNA、ポルシェとって非常に重要なもの」と位置付けるサーキットプログラムでのトピックスは、718ケイマンGT4クラブスポーツを導入した新レースの開催。

GT-4カテゴリーのレギュレーションに準じており、既存のGT3カップ・チャレンジ・ジャパンとシリーズを統合した「ポルシェ・スプリント・チャレンジ・ジャパン」として開催されることになる。

GT3と混走となるこのレース、予選/決勝を1日で行うワンデイ・レースとして開催され、スタートはカテゴリー毎にGT3が前方、718ケイマンGT4が後方に位置したローリングスタート形式になるという。

後日車両詳細が発表されるという718ケイマンGT4クラブスポーツの国内導入は、2019年の半ば。実際のレースのスタートは2019年の後半になる予定だ。

19年目を迎える国内最速のワンメイクレースと謳われるポルシェ・カレラカップ・ジャパンは、4月13~14日の岡山国際サーキットを皮切りに、鈴鹿サーキットにて10月11~13日にF1のサポートレースとして開催される最終戦まで全11戦で開催される。

また、若手が世界のモータースポーツに挑戦するステップとなる、ポルシェ・カレラカップ・ジュニアプログラムも継続される。

「ポルシェEレーシング・ジャパン」開催も

リアルサーキットでのレースでだけでなく、世界的な盛り上がりを見せているeスポーツでのポルシェのワンメイクレース「ポルシェEレーシング・ジャパン」開催の構想発表も当日の大きなトピックスとなった。

これまでポルシェとしては、日本を除く他のエリアではXBOXのレースゲームである「フォルツァ」でeレースを開催してきたが、ポルシェ・ジャパンではプレイステーションの「グランツーリスモ・スポーツ」を採用。2019年に半ばには「ポルシェEレーシング・ジャパン」としてワンメイクeレースが開催予定となっている。

これは、モータースポーツの裾野を拡げるための、ポルシェ・ジャパンの試みのひとつとなっているという。ちなみに、若者だけの参加を見込んだものではなく、シニアクラスの導入なども構造の中に含まれている。

この発表に伴い、グランツーリスモシリーズのプロデューサーである、ポリフォニー・デジタルのプレジデント、山内一典と七五三木敏幸のトークショーも開催されたが、そこで語られた「eレースの今」は別の記事で紹介することにしよう。

また、ポルシェ・ジャパンでモータースポーツ関連のマネージャー職を務めてきた関本清人が退き、松岡直紀が2019年から就任することも発表された。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します