現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMWビジョンiネクスト 柔軟な新プラットフォーム採用 LAショー

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.30

BMWビジョンiネクスト 柔軟な新プラットフォーム採用 LAショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 全てのパワートレインに対応
ー レベル3自動運転を実現

    BMWも電動SUV 「ビジョンiネクスト」 自動運転、2021年発売

全てのパワートレインに対応

BMWはLAモーターショーにおいて、ビジョンiネクスト・コンセプトを展示した。このクルマが2020年ごろに市販化されれば、内燃機関、PHEV、EVのすべてのパワートレインに対応できる汎用性の高いプラットフォームが初めて実用化されることになる。

BMWが「スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)」と呼ぶこのクルマは、1999年の初代X5の面影を残している。このアーキテクチャは将来的に3シリーズを含む各BMWに使用され、リアエンジン車にも対応するという。

BMWは将来的にすべてのモデルをふたつのプラットフォームのみで開発するとしており、ひとつは前輪駆動向け、もうひとつは後輪駆動および4WD向けとなる。

後者のプラットフォームではこのビジョンiネクストのようなEVはドライブトレインをリアに搭載する。PHEVはリアに電動モーターを、フロントに横置きエンジンを搭載するとのことだ。

他にも、2基のモーターによるAWDや、一般的な内燃機関によるAWDシステムにも対応する。

レベル3自動運転を実現

BMWに精通する筋によれば、EVモデルの航続距離は大容量のバッテリー搭載が可能なXシリーズで720km程度になるとのことだ。一方、PHEVモデルでは100km前後になるといわれている。

この新アーキテクチャは最新のレベル5までの自動運転技術にも対応するという。これはドライバーを完全に必要としないレベルだ。BMWはLAで3つの自動運転「PAD」プロセッシングユニットを展示しており、最も小型なものが2021年にiネクストに搭載されるとのことだ。これにより、「手と目を離せる」レベル3相当の自動運転を高速道路において129km/h以下で実現する。

レベル4およびレベル5の自動運転は2021年以降テストが開始される。レベル4では「手および注意を離せる」とされており、レベル5では70km/h以下の市街地走行をドライバー無しで可能とする。

iネクストのスタイリングには賛否両論あるだろうが、これはあくまでも「大まかな」コンセプトであり、実際にはクロスオーバーとして発売される。

市販時には、このサイドおよびリアはより単純化されるだろう。そしてインテリアのスイッチ類はインテリアと一体化され、必要に応じて出現するタッチ式の操作系になるといわれている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します