現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > シボレー・ボルト生産終了 「それでいいのか?」 AUTOCAR英編集部の考え

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.29

シボレー・ボルト生産終了 「それでいいのか?」 AUTOCAR英編集部の考え

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 電動化のパイオニア
ー 米国だけでなく世界を見るべき

    BMW i3レンジエクステンダー 欧州販売終了へ 日本/北米では継続

電動化のパイオニア

シボレーがボルトを発表したおよそ10年前、われわれは「未来はここから始まる」と述べた。

当時レンジエクステンダー・ハイブリッドのパイオニアであり、将来のクルマ像だと捉えられていた。しかし、ここにきてGMはそのラインナップから外す決断をしたのだ。

皮肉にもボルトは現在開催中のLAモーターショーで展示されている。しかし、GMは今後サルーン、特に小型のものを廃止して行く意向を示している。ボルトもコンパクトサルーンゆえそれを免れることはできないようだ。そのドライブトレインがいかに未来志向であるとしても。

ボルトはその設計思想を見ても、明らかに必要なモデルだ。今や2世代目となり、さらに賢く効率的になった。まさにこれこそGMが作るべきクルマではないか。

ボルトが2010年に発売された当時は溢れんばかりの情報がもたらされ、市場の興奮も凄まじいものがあった。このクルマは米国政府の支援下にあったGMだけでなく、デトロイト全体も救ったといえる。ビッグ3は今でも世界をリードする技術を持っていることを示したのだ。トヨタ・プリウスやテスラと並ぶクルマだ。

米国だけでなく世界を見るべき

つまり、GMは明らかにボルトの扱いを間違えている。たしかにこのドライブトレインやレンジエクステンダーのコンセプトは若干古くなっているかもしれない。設計思想こそ優れているが、足りないのはその現実化の手法だ。バッテリーが無くなるとエンジンがノイズを立てて働く様は洗練性に欠ける。

この点において、通常のPHEVや大容量バッテリーを搭載するEVは優れている。GMがEV版のボルトを残した理由はここにある。

GMはボルトの扱いを世界的に考えていない。欧州ではシボレー・ボルトとしてだけでなく、ヴォグゾール/オペル・アンペラとしても販売されている。一方GMの本拠地米国市場はこのようなクルマを求めていないのだ。ガソリン価格は安く、サルーンよりもSUVを求めている国において、テスラほどの差別化をできていないことも問題だ。

ボルトに対する今回の決断はその内容よりもその時期が問題だ。この2世代目モデルは登場からわずか数年しか経っていないのだ。GMはボルトの2代目をレンジエクステンダーではなく通常のPHEVまたは完全なEVにするという選択もあったはずだ。

そうは言っても、ボルトは過去のクルマに分類されることが決定してしまった。電動化のパイオニアであり続けることなく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します