現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【LAショー2018】8代目となる新型911がLAショーでデビュー! カレラSの最高出力は450ps、8速PDKだ!

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.28

【LAショー2018】8代目となる新型911がLAショーでデビュー! カレラSの最高出力は450ps、8速PDKだ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LAオートショーの前夜、ついに新型911がベールを脱いだ。992型と呼ばれる新型のシルエットは間違いなく911だが、随所に進化が感じられる内容になっている。

 8代目となる新型911は当然リアエンジンだが、その外観はさらにワイド化された。ボディ前部の幅は45mm拡大され、リアは全グレード同じ幅だという。今回発表されたのはカレラSとカレラ4Sの2グレード。なお、ホイールはフロントこそ20インチのままだが、リアが21インチまで拡大した。他に外観ではドアハンドルがグリップ型ではなく、電動ポップアウトハンドルとなっている。

    同じGA-CプラットフォームのトヨタC-HRとレクサスUX、サイズやエンジンの違いは?

 搭載されるのは991型と同じ3.0ℓ水平対向6気筒ターボエンジン。トランスミッションは8速化されたPDKとなる。最高出力はカレラSで450psとなり、先代同グレードと比較して30ps向上した。これは991型のGTSに匹敵するスペックだ。なお0-100km/h加速はカレラSが3.7秒、カレラ4Sは3.6秒。オプションのスポーツクロノパッケージ仕様ではさらに0.2秒短縮すると謳う。最高速はカレラSが308km/h、カレラ4Sが306km/hとなっている。

 インテリアは刷新され、2019年のポルシェに相応しいデジタルイメージが与えられた。特にセレクタレバーは超小型化されてスイッチのようだ。頻繁に操作する部分ではないだけに、室内空間を有効に使えるという意味もあるだろう。センターには991型から採用されるPCMが10.9インチディスプレイに収まる。オンラインナビゲーションやコネクテッド技術もここから体験できる。

 安全に関しては新開発のウエットモードを標準装備しており、路面の水を検知すると、スタビリティ重視に切り替えられるという。これは世界初の装備だそうだ。他にも911としては初のナイトビジョンも装備される。また快適装備にも抜かりはなく、当然オプションながら追従クルーズコントロールが装備できる。ちなみに燃費(NEDC)はカレラSが8.9ℓ/100km、カレラ4Sが9ℓ/100kmとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します