現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型マツダ・アクセラ、画像10枚 圧縮着火エンジン搭載モデルも LAショー

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.28

新型マツダ・アクセラ、画像10枚 圧縮着火エンジン搭載モデルも LAショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4代目アクセラ ハッチベックとセダン登場

新型マツダ3(日本名:アクセラ)の姿が明らかになった。

    『新型マツダ・アクセラ、画像10枚』すべての画像をみる

SKYACTIV-Xエンジンを搭載する初のモデル、つまり通常のガソリンユニットよりも環境性能が高くなる圧縮着火技術を採用してデビューすることになる。

ロサンゼルス・モーターショーでデビューした4世代目は、自然な姿勢が取れるシート、高剛性の環状ボディシェル構造、トランスミッションのラグ改善、NVHの対策を適用した最新のSKYACTIVビークル・アーキテクチャーを導入するのが特徴だ。

2.0ℓのSKYACTIV-Xエンジンについて、マツダは詳細を明かしていないが、今年始めの取材では低速走行時に燃費を30%改善すると明かし、さらに、実用燃費も20%向上が可能とマツダは主張している。

エンジンは、24Vのマイルド・ハイブリッド・システムでアシストされるという情報も届いている。

また導入エリアは不明ながら、従来のSKYACTIV-Gユニット(1.5ℓ、2.0ℓ)、さらにSKYACTIV-D(ディーゼル)を搭載したモデルも登場する見込みだ。

新型の欧州発売は来春の予定である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します