現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 拡大するCセグセダン。新型トヨタ・カローラは現行BMW3シリーズと同じ大きさ! CとDの境目は?

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.27

拡大するCセグセダン。新型トヨタ・カローラは現行BMW3シリーズと同じ大きさ! CとDの境目は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国、北米で相次いで発表された新型トヨタ・カローラ。TNGAベースのワールドカーである正統派セダンであるカローラは、新型になってだいぶ大きくなった。全長は4640mmにも達するのだ。これは、現行BMW3シリーズとほぼ同じだ。CセグセダンとDセグセダンの境目はもうなくなっているのだろうか?

 クルマはモデルチェンジのたびにボディサイズが大きくなっていく。広い室内空間、厳しくなる衝突安全性能を見たし、抑揚のあるボディラインを実現しようとすると、サイズが大きくなってしまうのは、もはやどうしようもないことなのだ。
 かつては、Aセグ/Bセグ/Cセグ/Dセグとセグメントをごとに大きさも豪華さも、文字通り「セグメント」されていたのだが、現代ではそれも曖昧になってきている。

    トヨタ・アルファード /ヴェルファイアが人気のミニバンLLクラスは上質かつ豪華なラグジュアリーサルーン【写真で見るライバル比較シリーズ】

 日本の、世界のCセグメントの4ドアセダンの代表例である「トヨタ・カローラ」も、TNGAベースに生まれ変わってだいぶ大きくなった。
 中国で発表された新型カローラは、
全長×全幅×全高:4640×1780×1435mm
ホイールベース:2700mm
 だ。現行型と比較すると、これは全長で10mm、全幅で5mm大きくなった。全高は45mm低く、ホイールベースは同一だ。現行型というのは、日本のカローラアクシオとは違う、グローバル・カローラのことだ。

 さて、では比べてみよう。


新型トヨタ・カローラ 全長×全幅×全高:4640×1780×1435mm ホイールベース:2700mm

現行(F20型)BMW 3シリーズ 全長×全幅×全高:4645×1800×1440mm ホイールベース:2810mm

 ということで、新型カローラ・セダンと現行BMW3シリーズの大きさは、ほとんど同じなのだ。もはやCもDもないという感じだ。
 カローラ、でかい! と思ったら、いわゆるCセグメントの代表格であるシビックも大きくなっていた。


ホンダ・シビックセダン 全長×全幅×全高:4650×1800×1415mm ホイールベース:2700mm

 現行BMW3シリーズと新型カローラ・セダン、ホンダ・シビックセダンのボディサイズはほぼ同じ。


カローラシリーズアクシオ 全長×全幅×全高:4400×1695×1460mm ホイールベース:2600mm

 CとDのサイズが完全にオーバーラップした……わけではなくて、BMWも新型ではやはり大きくなっている。


新型3シリーズ(330iセダン) 全長×全幅×全高:4709×1827×1442mm ホイールベース:2851mm

 拡大するCセグセダン、全長4600mm超えが最大級だと思うのだが……明日ロサンゼルスで発表されるマツダのCセグセダン、Mazda3(アクセラ)セダンがどんな大きさになるのか? 楽しみにしよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します