現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス CLAシューティングブレーク 次期型、リアビューが劇的に変化…2019年秋

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.27

メルセデス CLAシューティングブレーク 次期型、リアビューが劇的に変化…2019年秋

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツのコンパクト・スタリッシュワゴン『CLAシューティングブレーク』次期型を、鮮明にカメラが捉えた。注目のリアビューは、現行モデルと比較して開口部がかなり大きく修正されており、使い勝手が飛躍的に向上しそうだ。

テールライトは、内に向かって絞られるスポーティなデザインを採用。テールゲートに一部が食い込んでいる形状が確認できる。またナンバープレートはテールゲートからリアバンパーに移動されているのも見てとれる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

フロントエンドは、『CLA』『Aクラス』新型で採用される「プレデター顔」とは一線を画する、独自デザインの可能性がある。また拡大されたスリーポイントテッド・スターが装着された新グリル、刷新されるエアインテークを備えるはずだ。ヘッドライトのユニットはダミーだが、下部のターンシグナルライトは市販型の可能性がある。

パワートレインの詳細は不明だが、ルノー日産三菱アライアンスと共同開発した、新型直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する可能性があるという。また頂点のAMGには、最高出力400psへ向上すると見られる『CLA A45シューティングブレーク』のほか、新たに最高出力306psを発揮する『CLA A35シューティングブレーク』が設定されると予想する。

コックピットにはAクラスとほぼ同じデザインが採用されるはずだ。MBUXインフォテイメントシステムを搭載し、インフォテイメントとデジタルインストルメントクラスターをワイドディスプレイに組み合わせる。

ベースモデルとなる4ドアクーペ「CLA」のワールドプレミアは2019年春が有力と見られ、「CLAシューティングブレーク」は2019年秋の登場が期待できそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します