現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ミニ ジョン・クーパー・ワークスGP 2020年発売へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.26

ミニ ジョン・クーパー・ワークスGP 2020年発売へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー モデル末期の高性能版
ー JCW上回る230ps超に

    『ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP』すべての画像をみる

モデル末期の高性能版

ミニは公式ツイッター上で、2020年に登場するジョン・クーパー・ワークスGPの発売日を公表した。詳細は明かされていないものの、2018年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでそのコンセプトが公開されていた。

初代および2世代目のミニにおいては、そのライフサイクル終盤である2006年および2012年にJCW GPが投入されていた。今回も新型ハッチバック登場の直前となるようだ。

Calling all adrenaline lovers and MINI-enthusiasts: we are working on a new MINI #JohnCooperWorks GP, launching in 2020. Watch this space. #MINILove pic.twitter.com/VG9OmE3Ixn

― MINI (@MINI) 2018年11月16日

BMWの役員であるピーター・シュヴァルツェンバウアーは「われわれはジョン・クーパー・ワークスGPを2020年に発売するための準備を行なっています」と明かしたものの、その詳細は語らなかった。

このコンセプトは1960年代のモンテ・カルロ・ラリーでの勝利にインスパイアされたものであり、「ダイナミックさと運転の楽しさを体現する」とのことだ。

彼は以前にもAUTOCARに対しJCW GPが再び登場することを示唆していた。「ジョン・クーパー・ワーウスGPはミニにとって重要なモデルです。過去にも大きな成功を収めています」と語った。

JCW上回る230ps超に

以前に展示されたコンセプトは、量販モデルとは大きく異なる極端なスタイリングを持っていた。大型の前後エプロン、サイドスカート、リアスポイラーなどが特徴だ。カーボンファイバーなどの軽量パーツも多用されていたが、パフォーマンスの数値は何も公表されていない。

19インチのアロイホイールを履き、LEDテールライトはユニオンジャックのモチーフになっている。このテールライトは通常モデルにも標準装備だ。

車内を見ると、ロールケージやバケットシートが確認できる。ギアシフトはステアリング上のシフトパドルで行うようだ。

2012年に登場したJCW GPは、1.6ℓ4気筒ターボを搭載し、218psを発揮していた。これは通常のJCWを7ps上回る数値であり、0-100km/hを6.3秒で加速した。その価格は2万8790ポンド(417万円)であった。

現行のJCWには230psの2.0ℓ4気筒ターボが搭載され、0-100km/h加速は6.3秒となっている。したがって、今回のJCW GPにも若干のパワーアップが施されるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sab*****|2018/11/26 13:21

    違反報告

    ジョンクーパー氏が亡くなって18年かぁ…
    ほとんどの現行ミニオーナーや古いミニを全部ミニクーパーって呼んでる人達はミニクーパーのネーミングの由来とか知らないで乗ってるだろーなぁ…
  • kaz*****|2018/11/26 12:49

    違反報告

    なんだよ、結局速くないじゃんか。
  • don*****|2018/11/26 13:21

    違反報告

    ゴテゴテしててカッコいいじゃないか

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します