現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱エクリプスクロス:より高性能なバリエーションを期待させるほどの高度なデキ。三菱のこれからを予感させる意欲作

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.23

三菱エクリプスクロス:より高性能なバリエーションを期待させるほどの高度なデキ。三菱のこれからを予感させる意欲作

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.106 2018-2019年国産&輸入SUVのすべて」から「三菱・エクリプスクロス」を抜粋してご紹介。レポート=佐野弘宗[本文]/工藤貴宏[写真解説] フォト=中野幸次

新鮮なルックスに高い実用性 大トルクの力強い走りも◎

    ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド:ユニークな仕掛けだけでなく、ミニバンの堅実さも内包

 エクリプスクロスは三菱にとって、特に国内では本当に久々の新型車だ。これ以前の三菱の新型車といえば、日産と協業の軽自動車を除けば、2012年のアウトランダーを筆頭に、15年のパジェロスポーツ/モンテロスポーツ、そしてエクリプスクロスとほぼ同時期にお披露目された3列シートのエクスパンダーなどがある。いずれにしてもSUVばかりなのは偶然でもなく、現在の三菱は「SUVの三菱」で行くと、商品戦略を明確に方向付けている。

 エクリプスクロスは「コンパクトSUV」というべきセグメントに属する国際戦略商品である。日本でコンパクトSUVというと、もうひと回り小さいBセグベースが想起されがちだが、エクリプスクロスはそれよりもう少し上級。Cセグの骨格設計を土台としつつ前後オーバーハングを切り詰めて、軽快でパーソナル、かつスポーティな存在感を売りにするタイプである。

 これと同様の成り立ちやサイズ感を持つSUVとして日本で入手可能なものを挙げると、トヨタC-HR、アウディQ3、ジープ・コンパス、ジャガーEペイス、ボルボXC40、プジョー3008などである。お気づきのように、アウディQ3以外は、どれもがここ1~2年内に新規発売されたバリバリの最新鋭商品ばかり。エクリプスクロスが目指すところは、ある意味で、いま世界で最もホットな市場といって良い。

 エクリプスクロスのプラットフォームは三菱SUVであるアウトランダー/RVRの改良版。ホイールベースもこれら二台と共通で、そこにアウトランダーより短くて低いスポーツクーペルックを被せているのが、このクルマ最大の特徴である。さらに内装デザインも専用で、最上級「Gプラスパッケージ」ではスマホ連動機能をタブレット風の液晶パネルとタッチパッドで操るインフォテイメント機能を用意するあたりは、いかにも最新の国際戦略車だ。

 エクリプスクロスは、今までの三菱SUVらしからぬクーペルックが新鮮ではあるが、それでもレジャービークルとしての最低限の居住性や実用性を犠牲にしていない生真面目さは、良くも悪くも三菱らしい。リヤウインドウが強く傾斜したファストバックデザインで、荷室容量や後席乗降性が少しばかり割を食っている面はなくはないが、絶対的な居住性や積載性能は他社同クラスと比較しても優秀である。さらに最低地上高や走破性も「あくまで三菱SUVの基準です」と開発陣が胸を張れる
レベルにあるのだという。

 搭載されるエンジンは今のところ1.5ℓの直4ガソリンターボのみ。新開発のダウンサイジングエンジンで、従来の2.4から2.5ℓに相当する太いトルクを売りにするが、エクリプスクロスのシャシー性能はまだまだ余裕しゃくしゃく。ブレーキ制御による左右トルク配分制御も入った四輪駆動機構「S-AWC」もさすが三菱技術の集大成だけに、積極的にアクセルを開ける運転で真価を発揮するスポーティな味つけである。当初公表されていたディーゼルがいつ登場するかはわからないが、いずれにしても、クルマそのものは、より高性能なバリエーションを期待させるほどの高度なデキである。

G Plus Package
全長×全幅×全高(mm):4405×1805×1685
室内長×室内幅×室内高(mm):1870×1490×1240
ホイールベース(mm):2670
トレッド(mm) 前/後:1545/1545
車両重量(kg):1550
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc):1498
最高出力(kW[㎰]/rpm):110[150]/5500
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):240[24.5]/2000-3500
燃料タンク容量(ℓ):60(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:4WD
タイヤ・サイズ:225/55R18
最小回転半径(m):5.4
JC08モード燃費(km/ℓ):14.0
車両本体価格:309万5280円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します