現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 改良新型シボレー・カマロ、日本発売 LT RS/コンバーチブル/SS

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.22

改良新型シボレー・カマロ、日本発売 LT RS/コンバーチブル/SS

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 6代目カマロ マイチェン
ー 内外装 フェイス変更で、パフォーマンス向上
ー トップグレード「SS」

    『改良新型シボレー・カマロ』すべての画像をみる

6代目カマロ マイチェン

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「シボレー・カマロ」のマイナーチェンジ・モデルを発売した。

モデルラインナップは、2.0ℓターボエンジン(275ps/40.8kg-m)搭載の「LT RS」と「コンバーチブル」、および6.2ℓ V8(453ps/62.9kg-m)を搭載したトップグレードの「SS」という3車種だ。

改良新型は、フロント&リアを刷新したエクステリアを採用。エアロダイナミクスを追求したデザインによりパフォーマンスを向上した。また、トップグレードの「カマロSS」は、新開発パドルシフト付き10速オートマティック・トランスミッションを搭載。洗練された走りを実現し、低速でも優れた加速性能を発揮する。

外装のイメージカラーは、60年代に活躍したレースカーで親しまれたヘリテージカラー “スノコ・ブルー” を現代的に仕上げた新色 “リバーサイドブルーメタリック” だ。

価格は、カマロLT RSが529万2000円。カマロ・コンバーチブルが615万6000円。カマロSSが680万4000円。

まずは改良新型の内外装についてみてみよう。

内外装 フェイス変更で、パフォーマンス向上

力強く精悍なフロントグリルに一新されたフロントフェイス。その注目点は中央のトレードマーク、「ボウタイ」。ブラックグリルバーと一体化し、中空式の新デザインを採用したオープンボウタイとなっている。

オープン構造によりエアフローが毎分3立方メートル増加。長時間のサーキット走行では冷却水/エンジンオイル温度を1.2℃低減、トラックパフォーマンスを向上する。また、エアカーテンがホイール周りに空気を流して抵抗を抑制。さらに「カマロSS」では、フード中央部にエア排出用の大型エクストラクタースタイルフードを装備し、エンジンルームの冷却とエアロダイナミクスを向上させている。

また、新しいLEDヘッドランプ/LEDシグネチャーランプは夜間の視認性を高めるとともに、スポーティな印象と存在感を強めている。新意匠のリアフェイシア/LEDテールランプは、カマロ伝統のデュアルエレメントデザインを採用。これまで以上に立体的な造形美を実現。周囲をブラックアウトしたレンズがクールなリア外観を演出している。

インフォテインメントも解像度を高めた次世代型になり、クリーンでモダンなスクリーンレイアウトと最新のスマートフォンのような直感的な操作が可能に。また、モニター、ドアトリムパネル、カップホルダーを華やかに演出する24種類のエンハンスド・スペクトラムライティングに、新たに8種類のブレンドエフェクトカラーが追加された。

トップグレード「SS」

SSモデルには、新たにパドルシフト付き10速オートマティック・トランスミッションを搭載。ギアレンジ拡大で高速走行時のエンジン回転数を抑え、洗練度を向上した。また、クロスレシオ化で最適なエンジン回転を維持、あらゆる速度域でパワーの最大化を実現している。

さらに、カマロのパフォーマンスを最大限に発揮する機能として、発進時のエンジン回転数やリアタイヤのスリップ率を選択できるカスタムローンチコントロールや駆動輪のグリップを最大化するバーンアウトに必要なラインロック機能を標準装備している。

また、SSに新採用されるリアカメラミラーは新しいフレームレスデザインに変更し、ズーム/角度調整/明るさ調整の機能がボタン操作で可能な高機能型を搭載した。フルハイビジョン同等の解像度により高精細なストリーミング映像が表示される。

なお日本仕様では、安全法規対応のため、3モデル共通のフロントフェイスを採用している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します